ホットサンドメーカー絶品おつまみ

コスパ優秀!キャンプ初心者におすすめの調理器具まとめ

便利グッズ

スノーピークのトレック900

スノーピークのトレック900

スノーピークの『トレック900』はキャンプ初心者に最適なクッカーです。

  • ラーメンをつくったり
  • レトルトカレーをあたためたり
  • お湯を沸かしたり

できるので、1つ持っていると便利です。

  

シンプルなデザインで見た目もオシャレ。

スノーピークの中ではお手頃価格で買えるところもポイントです(定価2,500円)。

スノーピーク・トレック900を使った感想

キャンプでつくる鍋料理にはスノーピークの『トレック900』がピッタリです。

本体部分の容量は『900ml』なので、具材の肉や野菜がたっぷり入ります。

  

コンパクトなので一人用のサイズにちょうどいいです(2~3人用の料理には向いていません)。

大きめのクッカーなら一回り大きい『トレック1400』がおすすめです。

デメリット

スノーピーク・トレック900のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • フタがゆるい(すぐパカパカする…)
  • 焼き料理には向かない(煮るのは得意)
  • ハンドルにシリコンカバーがない(熱くて持てない…)

メリット

スノーピーク・トレック900のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 一人用にちょうどいい
  • スタッキングできる
  • 見た目がカッコいい

  

  

続き トレック900の記事を読む

スノーピークのトレック1400

スノーピークのトレック1400

スノーピークの『トレック1400』はソロ(一人)でもグループ(複数人)でも使えるクッカーです。

同じスノーピークの『トレック900』よりも一回り大きいので色々なシーンで使えます(「大は小を兼ねる」で便利)。

  

  • ラーメンをつくったり
  • レトルトカレーをあたためたり
  • 鍋料理をつくったり
  • パックご飯を湯煎(ゆせん)したり

できるので、1つ持っていると便利です

  

シンプルなデザインで見た目もオシャレ。

スノーピークの中ではお手頃価格で買えるところもポイントです(定価2,800円)。

スノーピーク・トレック1400を使った感想

トレック1400で鍋料理をつくる様子

スノーピークの『トレック1400』は、大きめのクッカーなので2、3人の料理が簡単につくれます

ソロキャンプには『トレック900』がピッタリですが、ソロからグループまで幅広く使えるのは『トレック1400』です。

  

容量が大きいのでスタッキングしやすくて、料理もしやすい

『トレック1400』はキャンプの幅が広がるギアです(トレック900がスッポリと入るのも楽しい)。

デメリット

スノーピーク・トレック1400のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • フタがゆるい(すぐパカパカする…)
  • 焼き料理には向かない(煮るのは得意)
  • ハンドルにシリコンカバーがない(熱くて持てない…)

メリット

スノーピーク・トレック1400のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 1人用から2、3人用まで幅広く使える
  • スタッキングできる
  • 見た目がカッコいい

    

  

続き トレック1400の記事を読む

ニトリのフライパン(グリルパン)

ニトリのミニフライパン(グリルパン)

キャンプで使うフライパンは有名メーカー品を買わなくても大丈夫です。

アウトドア向けのフライパンは高額なものが多いですし、キャンプをはじめたけど途中で飽きてしまうこともありえます。

  

こちらの記事でご紹介しているニトリのフライパン(グリルパン)は『740円』という激安価格です。

ただ安いだけではなく機能性もしっかりしています。

  • 焦げない
  • こびりつかない
  • 残り汚れがサッと落ちる

のでメンテナンスも楽チンです。

  

しかも、取っ手が『ステンレス』なので焚き火料理にもそのまま使えます

豪快に焚き火台にのせてステーキを焼くことができます。

ニトリのフライパン(16cm)を使った感想

キャンプでステーキを焼く

ニトリのフライパン(グリルパン)アルミ・ステンレス16cmを使ってみた感想は次のとおりです。

  • 一人用(ソロキャンプ)にピッタリのサイズ感
  • 取っ手が短めで使いやすい(スペースをとらない)
  • 本体がアルミ・ステンレスなのでメンテナンスが楽チン(洗剤で洗える)

    

ニトリ公式オンラインストア

デメリット

ニトリのフライパン(グリルパン)アルミ・ステンレス16cmのデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • (とくにない)

メリット

ニトリのフライパン(グリルパン)アルミ・ステンレス16cmのメリットは次のとおりです。

メリット
  • 安い
  • 使いやすい
  • 美味しく焼ける

  

続き フライパンの記事を読む

ダイソーのメスティン

ダイソーのメスティン

ダイソーのメスティンはコンパクトサイズで一人用にピッタリなサイズ。

料理にも小物の収納にも使える便利なアイテムです。

ダイソーのメスティンを使った感想

ST-310でメスティン炊飯をしてカレーを食べる

ダイソーのメスティンはコンパクトサイズで可愛らしい

ご飯は1合までしか炊けませんが、一人用として使うなら十分です。

  

炊飯以外にも使える便利なアイテム。

  • 炒め物にも
  • 煮込み料理にも
  • 小物の収納にも

料理にも小物の収納にも使える便利なメスティンです。

デメリット

ダイソーメスティンのデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 小さい(ご飯は1合まで)
  • フタがゆるい
  • 人気があって買えない

メリット

ダイソーメスティンのメリットは次のとおりです。

メリット
  • 見た目が可愛らしい
  • バリ取り不要
  • お手頃価格(500円)

   

続き ダイソーのメスティンの記事を読む

トランギアのメスティン

トランギアのメスティンで棒ラーメン(マルタイラーメン)をつくる

トランギアのメスティンを使って、

  • 棒ラーメン(マルタイラーメン)
  • 炊き込みご飯

をつくりました。

棒ラーメン(マルタイラーメン)

トランギアのメスティンで棒ラーメン(マルタイラーメン)をつくる
トランギアのメスティンで棒ラーメン(マルタイラーメン)をつくる
トランギアのメスティンで棒ラーメン(マルタイラーメン)をつくる
トランギアのメスティンで棒ラーメン(マルタイラーメン)をつくる

トッピングの具材には、

  • チャーシュー2枚
  • 煮玉子1個(半分にカット)
  • メンマ(適量)
  • ネギ(適量)

を入れましたが、具だくさんで豪華なラーメンに仕上がりました。

炊き込みご飯

トランギアのメスティンでやきとり缶の『炊き込みご飯』をつくる(しめじと舞茸入り)
トランギアのメスティンでやきとり缶の『炊き込みご飯』をつくる(しめじと舞茸入り)
トランギアのメスティンでやきとり缶の『炊き込みご飯』をつくる(しめじと舞茸入り)
トランギアのメスティンでやきとり缶の『炊き込みご飯』をつくる(しめじと舞茸入り)

やきとり缶を使った『炊き込みご飯』の完成です。

『しめじ』と『舞茸』をたっぷり入れたので、キノコ盛り盛りでヘルシーは雰囲気になりました。

キノコの旨味がギュギュッと詰まっています。

  

   

続き トランギアのメスティンの記事を読む

ニトリのスキレット(ニトスキ)

ニトリのスキレット(19cm・8インチ)は使い込むほど味が出てきます。

  • 大きめのサイズで使いやすい(2~3人用の料理にピッタリ)
  • 自宅でもキャンプでも使える(写真映えする)
  • お手入れが面倒くさいけど育てる楽しみがある(一生使える)

   

重たかったり、お手入れが面倒くさかったりしますが、いろいろな料理に使える万能アイテムです。

しっかり使い込んで育てていきます。

🆚ダイソーのスキレット(300スキ)と比較

ニトリのスキレット(ニトスキ)とダイソーのスキレット(300スキ)の大きさを比較してみました。

内径
ダイソー15cm
ニトリ19cm

斜めから見た状態

ダイソーのスキレット(300スキ)とニトリのスキレット(19cm・ニトスキ)の大きさを比較

上から見た状態

ダイソーのスキレット(300スキ)とニトリのスキレット(19cm・ニトスキ)の大きさを比較

重ねてみた

ダイソーのスキレット(300スキ)とニトリのスキレット(19cm・ニトスキ)の大きさを比較

①簡単レシピ:アヒージョ

【簡単】キャンプで絶品アヒージョ|冷凍シーフードミックスを使って時短・楽チン
【簡単】キャンプで絶品アヒージョ|冷凍シーフードミックスを使って時短・楽チン
【簡単】キャンプで絶品アヒージョ|冷凍シーフードミックスを使って時短・楽チン

参考 スキレットでアヒージョをつくった記事を読む

②簡単レシピ:鶏の唐揚げ

【簡単】キャンプで唐揚げを美味しく作る|揚げたてを冷えたビールと一緒に!
【簡単】キャンプで唐揚げを美味しく作る|揚げたてを冷えたビールと一緒に!
【簡単】キャンプで唐揚げを美味しく作る|揚げたてを冷えたビールと一緒に!

参考 スキレットで唐揚げをつくった記事を読む

⭕️メリット

ニトリのスキレット(19cm・8インチ)のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 見た目がオシャレ(食事が楽しくなる)
  • お皿代わりに使える(最後まで熱々で食べれる)
  • 焚き火料理にもオーブンにも使える(取っ手が燃えない)

❌デメリット

ニトリのスキレット(19cm・8インチ)のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 毎回お手入れが必要…(ちょっと面倒くさい)
  • 洗剤で洗えない…(調理後は早く洗う必要あり)
  • ズッシリ重たい…(洗うときや持ち運ぶときに大変)

  

続き ニトリのスキレットの記事を読む

ダイソーのスキレット(300スキ)

ダイソーのスキレット(300スキ)

ダイソーのスキレットの見た目がオシャレなので、つくった料理を写真に撮ると『写真映え』します。

普通のお皿よりも美味しそうに見えるのもポイントです。

ダイソーのスキレット(300スキ)を使った感想

ダイソーのスキレット(300スキ)で作ったチキンステーキ(タンドリーチキン風)

ダイソーのスキレット(300スキ)を使ってみた感想は次のとおりです。

  • そのまま焼いてもOK
  • オーブントースターに入れて焼いてもOK
  • お皿代わりに使えて最後まで熱々で食べれる

デメリット

ダイソーのスキレット(300スキ)のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 最初のシーズニングが面倒くさい
  • 毎回メンテナンスが少し面倒くさい
  • 重たい

メリット

ダイソーのスキレット(300スキ)のメリットは次のとおりです。

メリット
  • ムラなく焼ける
  • 丈夫でずっと使える
  • お皿代わりに使えて最後まで熱々で食べれる

  

続き スキレットの記事を読む

セリアのステンレス食器

【100均】セリアのステンレス食器がキャンプで大活躍|軽くて丈夫で汚れが落ちやすい

キャンプやアウトドアで使う食器は『ステンレス製』がおすすめです。

使い捨ての『紙皿』も便利ですが、風に飛ばされたり、ゴミが増えたりします。

   

白く変色したアカシア食器…

食器の材質によっていろいろメリット・デメリットがありますが、その中でも使いやすい食器は『ステンレス製』です。

  • プラスチック食器は見た目が安っぽい…。
  • アカシア食器は熱によわくてメンテナンスが面倒くさい…。
  • チタン食器は価格がすごく高い…。

    

セリアのステンレス食器は種類が豊富で『丸皿・オーバル皿・仕切りつき皿』などもあります。

スープ皿が使いやすくて気に入ったので追加購入決定です。

セリアのステンレス食器を使った感想

【100均】セリアのステンレス食器がキャンプで大活躍|軽くて丈夫で汚れが落ちやすい

セリアのステンレス食器を使った感想は次のとおりです(購入日は2021年6月)。

  • 汚れが落ちやすい(メンテナンスが楽チン)
  • シンプルなデザインで使いやすい(シルバーでカッコいい)
  • 100均でそろえればとっても安上がり(何種類かそろえれば十分)

デメリット

セリアのステンレス食器のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 食器が熱くなりやすい(熱伝導率が良いので熱々のスープは要注意)
  • 料理が冷めやすい(秋・冬・春の寒いときは料理が冷める前に食べる)
  • カシャカシャと音がする(金属なのでどうしても音はする)

メリット

セリアのステンレス食器のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 熱につよい(熱々の料理にも使える)
  • 衝撃につよい(落としても割れない)
  • スタッキングすればコンパクトに収納できる(食器が薄くて軽い)

  

続き セリアのステンレス食器の記事を読む

ニトリのアカシアプレート

ニトリのアカシアプレート

ニトリのアカシアプレートは見た目がオシャレなので、料理の写真がキレイに撮れます

すごく写真映えします。

お手頃価格で買えるので(18cmは約500円)、『種類』や『サイズ』をそろえてもお財布に優しいです。

  

アカシアプレートは1枚1枚『色』や『木目』が違うので、お店で「どのお皿にしようかな」と選んでいるときが楽しいです。

手にとって眺めると、お皿の雰囲気が1枚1枚まったく違います。

ニトリのアカシアプレートを使った感想

ラウンドプレート18cm

ニトリのアカシアプレートは、

  • 丈夫で優しいアカシアの美しい木目
  • 手作りの風合い

が楽しめます。

ニトリのアカシアプレートで写真映え

キャンプでステーキを焼く
キャンプでマキシマム牛タンを焼く

ニトリのアカシアプレートはオシャレでお手頃価格で買えます。

InstagramやTwitterに料理の写真をアップするときに、アカシアプレートに料理を盛り付ければ素敵な写真が撮れます。

  

1枚1枚お皿の表情が違うので、お店でお気に入りの1枚をみつけてください。

キャンプでつくった料理がさらに美味しそうにワンランクアップします。

  

続き アカシアプレートの記事を読む

包丁ケース

キャプテンスタッグの包丁ケースは包丁を安全に持ち運べる(キャンプやアウトドアにおすすめ)
包丁ケースと包丁

キャプテンスタッグの『包丁ケース』はキャンプやアウトドアにおすすめです。

いつも自宅で使っている包丁をキャンプ場で使えるので、とっても料理がしやすい(スピーディーに準備ができます)。

   

包丁をケースに収納しておけば、小さなお子さんがさわっても安全です。

シンプルなデザインで使いやすい包丁ケース。

    

\ロックは簡単/

キャプテンスタッグの包丁ケースがあれば包丁を新聞紙などで包む必要がないので、キャンプやアウトドアに行く前の『準備』と『後片付け』が楽チンになります

キャプテンスタッグの『包丁ケース』を使った感想

キャプテンスタッグの包丁ケースは包丁を安全に持ち運べる(キャンプやアウトドアにおすすめ)
包丁をピッタリ収納

\動画でイメージ/

安心・安全(振っても包丁が出ない)

キャプテンスタッグの『包丁ケース』(安全包丁サヤ)を使った感想は次のとおりです。

  • キャンプの準備と片付けが楽チンになる(包丁を新聞紙で包む必要がない)
  • ケースに入れておけば安全(子どもがさわっても大丈夫)
  • 自宅のキッチンでも使えて便利(フック穴を使って壁にかけられる)

⭕️メリット

キャプテンスタッグの『包丁ケース』(安全包丁サヤ)のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 包丁を安全に持ち運べる(子どもがさわっても大丈夫)
  • 通気性が良いので包丁が乾く(サビにくい)
  • フック穴があるのでキッチンの壁にかけて使える(キャンプでも自宅でも使える)

❌デメリット

キャプテンスタッグの『包丁ケース』(安全包丁サヤ)のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 『長い包丁』や『厚みがある包丁』には使えない
  • ロックベルトの耐久性はやや不安がある(材質がプラスチックなので)
  • 小さめの包丁だと中でカタカタと動く

  

続き キャプテンスタッグの包丁ケースの記事を読む

キッチン・クッカーの記事一覧