簡単!ホットサンドメーカー絶品おつまみ

【コスパ抜群】キャンプで使うフライパンはニトリで決まり【安くて使いやすい】

メリット
  • 安い
  • 使いやすい
  • 美味しく焼ける
デメリット
  • (とくにない)

  

ニトリ公式オンラインストア

  

キャンプで使うフライパンは有名メーカー品を買わなくても大丈夫です。

アウトドア向けのフライパンは高額なものが多いですし、キャンプをはじめたけど途中で飽きてしまうこともありえます。

  

こちらの記事でご紹介しているニトリのフライパン(グリルパン)は『740円』という激安価格です。

ただ安いだけではなく機能性もしっかりしています。

  

取っ手が『ステンレス』なので焚き火料理にもそのまま使えるんです。

豪快に焚き火台にのせてステーキを焼くことができます。

  

\鶏肉がジューッと美味しそうに焼ける音/

   

ニトリのフライパン(グリルパン)にはお値段以上の価値がギュギュッと詰まっています

マロン

マロン

写真たっぷりでご紹介します。

   

まとめ 2020年買ってよかったキャンプ用品

焚き火料理に使えるニトリのフライパンは2種類ある

ニトリのフライパン(グリルパン)は種類がたくさんありますが、キャンプで使える(焚き火料理に使える)ものは2種類あります。

取っ手が金属のものを厳選(樹脂のものは候補からはずしています)。

  

ほかにもニトリのフライパンはありますが、個人的なおすすめはこの2つです。

  1. IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm・20cm)
  2. 【ガス火/IH対応】魚焼きグリル対応グリルパン 丸(16cm・20cm)

IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm・20cm)

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』

こちらの記事でご紹介しているフライパンがこのフライパンの16cmです。

ミニサイズで使いやすい。

   

価格
フライパン(16cm)740円
フライパン(20cm)925円
フタ(16cm)370円
フタ(20cm)462円

【ガス火/IH対応】魚焼きグリル対応グリルパン 丸(16cm・20cm)

(出典:ニトリ

鉄でできているフライパン(グリルパン)もあります。

価格
フライパン(16cm)740円
フライパン(20cm)925円
フタ(16cm)370円
フタ(20cm)462円

ニトリのフライパン(アルミ・16cm)の見た目

ニトリのフライパン(グリルパン)・アルミ16cmの見た目はとっても可愛らしいです。

16cmのミニサイズでソロキャンプにぴったり

一人分の肉や野菜を焼いたり、ちょっとした炒めものに使えます。

  

ニトリ公式オンラインストア

専用のフタとセットで購入

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』

ニトリのフライパン(グリルパン)・アルミ16cmには専用のフタがあります(写真右)。

キャンプでステーキを焼くときにフタがあると便利なのでセットで購入しました。

  

ニトリなのでとってもお買い得です(安い)。

価格
フライパン740円
フタ370円

フライパン

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』
(オモテ)
ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』
(ウラ)

取っ手がステンレスなので焚き火台にもそのまま置けます

まさにキャンプ用のミニフライパンです(もちろん自宅でも使えます)。

普通のフライパンを焚き火料理に使うと取っ手の部分が熱で溶けてしまうことがあるので、これはうれしいポイントです。

フタ

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』のフタ

丸っとしたカタチが可愛らしいです。

UFOのようにも見えます。

フライパンにフタをした様子

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』

フライパンにフタをした様子です。

16cm専用のフタなのでピッタリと重なります。

ニトリのフライパン(16cm)を使ってみた感想

ニトリのフライパン(グリルパン)・アルミ16cmを使ってみた感想は次のとおりです。

  • 一人用(ソロキャンプ)にピッタリのサイズ感
  • 取っ手が短めで使いやすい(スペースをとらない)
  • アルミなのでメンテナンスが楽チン(洗剤で洗える)

    

ニトリ公式オンラインストア

デメリット

ニトリのフライパン(グリルパン)・アルミ16cmのデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • (とくにない)

  

デメリットを考えたんですが、これといって思いつきませんでした。

お手頃価格で使いやすいので文句のつけようがありません。

メリット

ニトリのフライパン(グリルパン)・アルミ16cmのメリットは次のとおりです。

メリット
  • 安い
  • 使いやすい
  • 美味しく焼ける

キャンプでチキンステーキを焼いてみた

キャンプでニトリのフライパン(グリルパン)・アルミ16cmを使ってチキンステーキを焼いてみました。

  • 外側はカリッと香ばしく
  • 中はふっくらジューシーに

焼けて100点満点の焼き上がり

セッティングを確認

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』をキャンプで使ってチキンステーキを焼く様子

今回使うニトリのミニフライパン(アルミ)のサイズは『16cm』です。

ソロキャンプで使うのにちょうどいいサイズ感。

同じシリーズで大きめの20cmも売っているので、大きめのフライパンが欲しい方は20cmの方をチェックしてください。

シングルバーナーにのせる

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』をキャンプで使ってチキンステーキを焼く様子

ニトリのミニフライパン(アルミ)をシングルバーナーの『ST-310』にのせて使いました。

ST-310の五徳が大きめなので安定感は抜群です。

  

グラグラしたり、ガタついたりすることもありません。

ミニフライパンがピタッと安定してのります。

  

フタをした様子

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』をキャンプで使ってチキンステーキを焼く様子

専用のフタ(16cm用)なのでサイズ感はピッタリです。

ミニフライパンの持ち手の部分が少しだけ上側に出ているので、フタの持ち手の位置を重ならないようにズラしてのせます。

持ち手を同じ位置に重ねておくと、フタがしっかりと閉まりません。

オリーブオイルを入れて火にかける

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』をキャンプで使ってチキンステーキを焼く様子
ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』をキャンプで使ってチキンステーキを焼く様子

オリーブオイルを入れて火にかけます。

小さな調味料入れにオリーブオイルを入れておくと便利です。

100円ショップのセリアで買ったものを使っています(2個セットで100円)。

  

セリアの調味料入れ

セリアの調味料入れ

セリアでは色々なタイプの調味料入れを売っています。

小さめから大きめまでそろっているので欲しいサイズが見つかるはずです。

鶏肉をフライパンにのせる

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』をキャンプで使ってチキンステーキを焼く様子

鶏肉の皮目から焼きます

鶏肉は全体を軽く『筋切り』しています。

(焼く前に鶏肉に味付けをするのを忘れていました…)

味付けは『ほりにし』

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』をキャンプで使ってチキンステーキを焼く様子

味付けには万能調味料の『ほりにし』を使いました。

ふりかけるだけでお肉が美味しくなります。

  

完成・焼き上がり

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』をキャンプで使ってチキンステーキを焼く様子
ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』をキャンプで使ってチキンステーキを焼く様子

こんがりと美味しそうなチキンステーキが焼けました

皮がパリッとカリッと焼けています。

激ウマ・ビールを飲みながら

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』をキャンプで使ってチキンステーキを焼く様子

ビールを飲みながら食べるチキンステーキは最高です。

鶏肉の中もしっかりと焼けていて美味しかったです。

  • 皮はカリッと
  • 中はしっとりジューシー

   

ニトリ公式オンラインストア

サイズ・重さ・材質などの仕様

ニトリのフライパン(グリルパン)・アルミ16cmの仕様は次のとおりです。

サイズ

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』
サイズ
23.8cm
奥行き16.1cm
高さ4.4cm

重さ

ニトリの『IH 二層鋼グリルパン 片手(16cm)』
重さ
重さ261g

ニトリ公式サイト記載の重さが『260g』だったので、ほぼ同じ計測結果になりました。

材質

材質
本体アルミニウム合金、ステンレス鋼
取っ手ステンレス

ポイントは『取っ手』がステンレスなところです。

取っ手が樹脂だと熱で溶けてしまう可能性がありますが、ステンレスなので豪快に焚き火料理で使えます

ニトリのフライパンは安くて使いやすくてコスパ抜群

ニトリのフライパン(グリルパン)・アルミ16cmは安くて使いやすい

ジューシーに美味しく焼けてコスパ抜群です。

  

さすがお値段以上のニトリ。

   

お手頃価格(740円)なのでとりあえずキャンプ用のフライパンとして買うのにピッタリ

2,000円や3,000円くらいのキャンプ用フライパンを買っても使わなくなったらもったいないです。

   

見た目も可愛らしいので使っていると楽しくなります。

キャンプでも自宅でも使えるのでおすすめです。

   

ニトリ公式オンラインストア

   

メリット
  • 安い
  • 使いやすい
  • 美味しく焼ける
デメリット
  • (とくにない)

  

\鶏肉がジューッと美味しそうに焼ける音/

    

まとめ 2020年買ってよかったキャンプ用品

関連記事