ゆるキャン△聖地のキャンプ場まとめ

【2022】Amazon初売りセールでおすすめのキャンプ用品・キャンプギアまとめ

   

Amazon新春初売りセールが2022年1月3日(月)9:00から1月6日(木)23:59まで開催されます。

4日間だけの「87時間限定セール」をお見逃しなく。

   

こちらの記事では『Amazon初売りセール』でお得に買えるキャンプ用品・キャンプギアをまとめてご紹介します。

キャンプ関係のアイテムだけを厳選。

ほかのジャンルの商品は掲載していません。

   

Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFE
CAMP GREEB
WAQ
Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFE
CAMP GREEB
ワック(WAQ)
FIELDOOR(フィールドア)

  

キャンプが好きな方のための『Amazon初売りセール情報まとめ』です(シンプルに読みやすくまとめました)。

お買い得なアイテムが売り切れてしまう前にチェックしてください。

  

サーカスTC DX

TokyoCamp 焚き火台(TokyoCamp)

TokyoCamp 焚き火台

『TokyoCamp 焚き火台』は、

  • よく燃える(特大炎が美しい
  • 組み立てが簡単で頑丈(耐荷重は10キロ
  • コンパクトで持ち運びやすい(収納時はA4サイズ

のでコスパ優秀な焚き火台です。

  

通常価格5,980円 → 4,183円

   

\大きな薪がそのままのる/

『TokyoCamp 焚き火台』は大きな薪がそのままのる

『TokyoCamp 焚き火台』は大きな薪がそのままのります。

つくりがしっかりしているのでガンガン使えるタフな焚き火台です。

  

Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFE

勢いよく燃える動画

薪を『円錐状』に組んでみました。

高さのある炎が楽しめます(焚き火らしい炎)。

まったり燃える熾火の動画

まったり燃える熾火がキレイです。

ずっと眺めていても飽きません。

商品写真

『TokyoCamp 焚き火台』の本体と付属品
『TokyoCamp 焚き火台』を組み立てた様子

⭕️メリット

『TokyoCamp 焚き火台』のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 薪をのせやすい(大きな薪も余裕でのる)
  • 組み立てが簡単(慣れれば30秒くらい)
  • フレームが太くてしっかりしている(かなり頑丈)

❌デメリット

『TokyoCamp 焚き火台』のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 天板の穴から灰が落ちやすい(燃えている薪が横から落ちることもある)
  • ケースが小さくて使いにくい(ものすごく収納しにくい)
  • 収納時に少し厚みがある(天板がフラットではないので)

   

Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFE

  

続き TokyoCamp 焚き火台の記事を読む

大型反射板・風防板(キャンプグリーブ)

【寒さ対策】冬キャンプにおすすめのギア・便利グッズまとめ|準備をしっかりして冬キャンを楽しむ

キャンプグリーブの大型反射板・風防板(幅120cm×高さ60cm)は、帆布製のウインドスクリーンより暖かいです。

冬キャンでの焚き火がさらに楽しく快適になります。

   

炎が反射板に写ってキレイ

焚き火の揺らめく炎を見ているだけで楽しいです。

イスに座っているだけで熱が反射してポカポカ暖まります。

キャンプグリーブの大型反射板・風防板(幅120cm×高さ60cm)を使った感想

【冬キャンプで大活躍】アルパカストーブを徹底レビュー|実際の使用例と便利グッズをブログでご紹介

キャンプグリーブの大型反射板・風防板(幅120cm×高さ60cm)を使った感想は次のとおりです。

  • めっちゃ暖かい(ぬくぬくで幸せ)
  • 炎が安定する(まったり焚き火を楽しめる)
  • 冬キャンで大活躍する(イスに座っていても寒くない)

   

通常価格4,580円 → 3,980円

   

⛺️キャンプ場で使った様子

キャンプグリーブの大型反射板・風防板(幅120cm×高さ60cm)をキャンプ場で使った様子をご紹介します。

風が弱ければ安定している

【寒さ対策】冬キャンプにおすすめのギア・便利グッズまとめ|準備をしっかりして冬キャンを楽しむ

キャンプグリーブの大型反射板・風防板(幅120cm×高さ60cm)を地面に立てた状態です。

多少の風ならペグダウンしなくても安定しています(強風だと倒れます…)。

焚き火台はファイアグリル

【寒さ対策】冬キャンプにおすすめのギア・便利グッズまとめ|準備をしっかりして冬キャンを楽しむ

焚き火台はユニフレームのファイアグリルを使ってみました。

キャンプグリーブの大型反射板・風防板(幅120cm×高さ60cm)と大きさがピッタリ合っています。

真上から見た状態

【寒さ対策】冬キャンプにおすすめのギア・便利グッズまとめ|準備をしっかりして冬キャンを楽しむ

上から見た状態です。

ファイアグリルを「コの字」で囲んでいるので防風効果もバッチリ。

焚き火の炎の熱が前側に反射してきます。

炎の熱が反射して暖かい

【寒さ対策】冬キャンプにおすすめのギア・便利グッズまとめ|準備をしっかりして冬キャンを楽しむ

焚き火をしている状態です。

炎が安定してくると熱が反射してきてポカポカ暖まります。

昼の焚き火の動画

\動画でイメージ/

夜は焚き火の炎が反射板に写ってキレイ

【寒さ対策】冬キャンプにおすすめのギア・便利グッズまとめ|準備をしっかりして冬キャンを楽しむ

夜は焚き火の炎が反射板に写ってキレイです。

揺らめく炎を見ているだけで楽しいです(癒やされる)。

夜の焚き火の動画

\動画でイメージ/

⭕️メリット

キャンプグリーブの大型反射板・風防板(幅120cm×高さ60cm)のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 焚き火が暖かくて快適になる(熱が反射してポカポカ)
  • 炎が反射板に写ってキレイに見える(揺らめく炎が美しい)
  • Oリングつきでペグダウンして固定できる(下側8枚すべて、上側の両端2枚に穴が空いている)

❌デメリット

キャンプグリーブの大型反射板・風防板(幅120cm×高さ60cm)のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 高さ60cmはコンパクト焚き火台には大きすぎる…(大きめの焚き火台にピッタリ)
  • 多少バリがある…(わかって購入したので許容範囲)
  • 大きくて重たい…(車じゃないと厳しい)

   

   

続き キャンプグリーブの大型反射板・防風板の記事を読む

テント|Alpha TC(WAQ)

WAQのテント『Alpha TC』はソロ用にぴったりなティピテントです。

通常価格29,800円 → 22,350円

特徴

火の粉に強いTC素材を採用し、スカートがついているので一年中快適に使えます。

サイドフラップは3パターンのバリエーションにアレンジ可能です。

良いところ

Alpha TC(WAQ)の良いところは次のとおりです。

良いところ
  • 設営が簡単(ペグダウンしてポールをたてるだけ)
  • タープなしでも快適(サイドフラップのアレンジが便利)
  • 前後を開閉できる(風通しが良い)

   

2WAYフォールディングコット(WAQ)

WAQの『2WAYフォールディングコット』を使えば快適な寝心地で朝までグッスリ眠れます。

通常価格15,800円 → 13,980円

特徴

WAQの『2WAYフォールディングコット』は名前のとおり「ハイ・ロー」を簡単に切り替えできます。

高さがある『ハイコット』にするときはレッグポールを差し込むだけでOK。

小さなテントでは『ローコット』のままでコンパクトに使えます。

良いところ

良いところ
  • 寝心地が良い(快適に寝れる)
  • 『ハイ・ロー』の切り替えが便利(使い分けができる)
  • コンパクトで持ち運びしやすい(軽い)

    

キャンプマット(WAQ)

WAQの『キャンプマット(8cm)』は弾力性に優れた「ひし型ウレタンフォーム」を採用しています。

通常価格6,980円 → 5,800円

特徴

WAQの『キャンプマット(8cm)』は厚さ8cmの自動吸引タイプのマットです。

バルブをまわすと自動で空気が入ってパンパンになります(約3分)。

   

収納時の大きさがそれなりにある(小型テントより大きい…)のでオートキャンプをされる方におすすめです。

『キャンプ』や『車中泊』で快適な寝心地が味わえます。

良いところ

良いところ
  • クッション性が良くて快適(寝心地が良い)
  • 厚みがあるので底冷えしない(コットと一緒に使うと効果アップ)
  • バルブを開けると自動でふくらむ(最初に慣らしが必要…)

    

LEDランタン(WAQ)

WAQの『LED LANTERN2』は最大輝度1650ルーメン・バッテリー容量13400mAhのハイスペックLEDランタンです。

大人気のLEDランタンが大きく進化しました。

通常価格9,980円 → 8,980円

特徴

WAQの『LED LANTERN2』を旧モデルと比較した結果です。

WAQ LED Lantern 2
(新モデル)
WAQ LED Lantern
(旧モデル)
明るさ最大1650lm
(昼光色時)
最大1000lm
バッテリー容量13,400mAh10,000mAh
充電時間約3時間約7時間
使用可能時間8.5~60時間
(最大~最低)
8~50時間
(最大~最低)
USB Type-A1口
(Quick Charge搭載)
1口
USB Type-C1口なし
USB Type-C性能 最大22.5W
(入出力対応)
防水・防塵IP67なし

良いところ

良いところ
  • とにかく明るい
  • バッテリーが大きい
  • 防水・防塵性能あり(IP67相当)

   

フィールドラック(CAMPING MOON)

CAMPING MOONのフィールドラックを使えばサイトをきれいに整理整頓できます。

通常価格9,780円 → 8,600円

特徴

CAMPING MOONのフィールドラックは材質がスチールでつくりが頑丈です(分散耐荷重30kg)。

耐熱性に優れているので熱々の『フライパン』や『スキレット』を直接置いても大丈夫です。

   

ラックを重ねて『棚』のように使うこともできます。

スチール製で重たい(ラック1つで約2kg)のでオートキャンプをされる方におすすめのギアです。

良いところ

良いところ
  • テーブルとしても使える(天板を使えば平らになる)
  • 畳んで収納できるので収納時は薄くなる(重たいけど…)
  • 『2段重ね・3段重ね・1段を3つ並べる』とアレンジできる(あると便利)

     

リラックスローチェア(CAMPING MOON)

CAMPING MOONのリラックスローチェアはコットン生地で火の粉に強いです。

通常価格7,480円 → 7,000円

特徴

CAMPING MOONのリラックスローチェアは『ローチェア』と『ハイバックチェア』をうまく合わせた椅子です。

ハイバックでゆったり頭までもたれかかることができます。

   

コットン生地で耐熱性に優れているので、焚き火をしながらくつろげる最高のイスです。

収納時は大きくて重たいのでオートキャンプをされる方におすすめ。

良いところ

良いところ
  • 座り心地が良い(身体をすっぽり包み込んでくれる)
  • 背もたれが高くてリラックスできる(椅子に座ったまま寝れる)
  • 焚き火や星空を見上げるときに最高(こだわりのギア)

   

クーラーボックス(FIELDOOR)

FIELDOORのノーザンクーラーボックス(33.1L)は優れた耐久性と高い密閉性を持ち合わせています。

通常価格20,500円 → 17,850円

特徴

FIELDOORのノーザンクーラーボックス(33.1L)は真夏でも安心な高い保冷力を誇るハイエンドクーラーです。

良いところ

良いところ
  • 抜群の保冷効果(2泊でもキンキンに冷えている)
  • 見た目がカッコいい(置くだけでサイトが映える)
  • 有名メーカー品より安い(機能的にはほぼ同じ)

     

Amazon新春初売りセールでキャンプ用品をお得に買う

『 Amazon新春初売りセール』を利用してキャンプ用品をお得に買いましょう

購入を検討していたギアがあったらぜひチェックしてみてください。

  

Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFE
CAMP GREEB
WAQ
Tokyo Camp\HAVE A RELAXING CAMPING LIFE
CAMP GREEB
ワック(WAQ)
FIELDOOR(フィールドア)
関連記事