ホットサンドメーカー絶品おつまみ

【初心者向け】ソロキャンプにおすすめのアルミテーブル|軽くて広くて持ち運びやすい

   

ソロキャンプにおすすめのアルミテーブルをご紹介します。

   

ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群です。

  • 普通にガンガン使える(安くてしっかり)
  • ゴムバンド』と袋のヒモの『コードストッパー』が便利
  • 超シンプルデザインでカッコいい

   

「千円札1枚」で立派な折りたたみ式のアルミテーブルが買える時代がやってきました。

キャンプ初心者の方におすすめのギアです(なかなかお店にありませんが…)。

  

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の特徴をざっくり言うと、

  • 3枚組で広い
  • 耐荷重15kg
  • 耐熱250度

というハイスペックな軽くて強いソロキャンプテーブル

  

熱々のダッチオーブンやスキレットをそのまま置いてもOK。

薄くてコンパクトなのに展開すると広くて使いやすい、まさにソロキャンプにピッタリのコンパクトなテーブルです。  

   

サーカスTC DX

📝この記事を書いた人

毎週キャンプに行っているソロキャンパーです!ギア選びコスパ優先。趣味は『ゆるキャン△聖地巡礼』。

\パソコンで行った気分が味わえる/

\スマホで行った気分が味わえる/

現地に行く前の事前チェックにも使えます

①ワークマン アルミテーブル

【2021】ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群|売り切れ前にゲットしよう

ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群です。

お手頃価格で使いやすいアルミテーブル。

   

「千円札1枚」で立派な折りたたみ式のアルミテーブルが買える時代がやってきました。

キャンプ初心者の方におすすめのギアです(なかなかお店にありませんが…)。

   

キャプテンスタッグのアルミテーブルと並べて比較してみました。

大きさ(広さ)はほぼ同じです。

     

\写真でイメージ/

【2021】ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群|売り切れ前にゲットしよう
【2021】ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群|売り切れ前にゲットしよう

『使い方』と『基本的な性能』もだいたい同じなので、安いワークマンのアルミテーブルがおすすめです。

キャプテンスタッグのアルミテーブルにはない、『ゴムバンド』と『袋のヒモにコードストッパー』があるので使いやすいです。

ワークマンのアルミテーブルを使った感想

【2021】ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群|売り切れ前にゲットしよう

ワークマンのアルミテーブルを使った感想は次のとおりです(購入日は2021年5月)。

  • 普通にガンガン使える(安くてしっかり)
  • ゴムバンド』と袋のヒモの『コードストッパー』が便利
  • 超シンプルデザインでカッコいい

⛺️キャンプ場で使った様子

ワークマンのアルミテーブルをキャンプ場で使った様子をご紹介します。

カレーを調理

【2021】ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群|売り切れ前にゲットしよう
【2021】ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群|売り切れ前にゲットしよう

完成

【2021】ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群|売り切れ前にゲットしよう
【2021】ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群|売り切れ前にゲットしよう

ワークマンのアルミテーブルの上で、

  • メスティン炊飯(白ごはん)
  • 無印良品のグリーンカレーを湯煎(ゆせん)

をしました。

  

シングルバーナーの『ST-310』を置いてもスペースはまだまだ余裕があります。

ソロキャンプなら十分な広さです。

商品写真

【2021】ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群|売り切れ前にゲットしよう
【2021】ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群|売り切れ前にゲットしよう
【2021】ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群|売り切れ前にゲットしよう
【2021】ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群|売り切れ前にゲットしよう

⭕️メリット

ワークマンのアルミテーブルのメリットは次のとおりです。

メリット
  • とにかく安い(980円)
  • つくりがしっかり(耐荷重30kgで頑丈)
  • 天板にロゴなしのシンプルなデザイン(見た目がカッコいい)

❌デメリット

ワークマンのアルミテーブルのデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • なかなかお店に置いてない…(すぐ売り切れる)
  • 袋が少し小さめ…(収納するときに入れにくい)

   

続き ワークマンのアルミテーブルの記事を読む

②VENTLAX アルミテーブル(3枚組)

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)を使ってみた感想は次のとおりです。

  • コンパクトなのに広くて使いやすい(使用時のサイズ:35×37.5×10cm)
  • 軽くて薄いので持ち運びやすい(収納時の厚さ:約3cm)
  • 見た目がカッコいい(マットな質感で色もキレイ)

収納した状態で手に持った感じ

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)を収納した様子
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)を収納した様子

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)を専用ケースに入れた状態で手に持ってみました。

とっても薄くて軽いです。

   

\広くて平らで使いやすい/

キャプテンスタッグのアルミテーブルと比較

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)とキャプテンスタッグのアルミテーブルを比較

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)とキャプテンスタッグのアルミテーブルを比較します。

サイズ
VENTLAX(3枚組)35×37.5×10cm
キャプテンスタッグ40×29×12cm

VENTLAX(3枚組)

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)とキャプテンスタッグのアルミテーブルを比較
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)とキャプテンスタッグのアルミテーブルを比較

テーブルの大きさ(広さ)がわかるように『ST-310』を奥側に置いてみました

VENTLAXのアルミテーブル3枚組なのでかなり広いです。

ニトリで買ったスクエアプレート(18cm)を置いてみた

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)とキャプテンスタッグのアルミテーブルを比較
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)とキャプテンスタッグのアルミテーブルを比較

テーブルの前側にニトリで買ったアカシアのスクエアプレート(18cm)を置いてみました

18cmのお皿なので結構大きめですが、まだまだ余裕があります。

残っている左下のスペースには、缶ビールを置いたり、お皿をもう1つ置いたりできます。

  

参考 ニトリのアカシアプレートの記事を読む

キャプテンスタッグ

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)とキャプテンスタッグのアルミテーブルを比較
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)とキャプテンスタッグのアルミテーブルを比較

テーブルの大きさ(広さ)がわかるように『ST-310』を奥側に置いてみました

キャプテンスタッグのアルミテーブルはあまり広くないので、半分くらいしかスペースが残っていません。

ニトリで買ったスクエアプレート(18cm)を置いてみた

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)とキャプテンスタッグのアルミテーブルを比較
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)とキャプテンスタッグのアルミテーブルを比較

テーブルの前側にニトリで買ったアカシアのスクエアプレート(18cm)を置いてみました

お皿の3分の1ほどハミ出してしまいました…。

この状態だとお皿が落ちやすいので危険です。

  

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)とキャプテンスタッグのアルミテーブルを比較
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)とキャプテンスタッグのアルミテーブルを比較

『VENTLAX』と『キャプテンスタッグ』の写真を2つ並べてみると大きさの違いがよくわかります

3枚組で奥行きがある分だけテーブルを広くゆったりと使えます(すごく便利です)。

   

参考 ニトリのアカシアプレートの記事を読む

❌デメリット

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 組み立ては少し慣れが必要(コツがある)
  • オプションで2枚用のフレームを販売してほしい(2枚でも使いたい)

組み立ては少し慣れが必要

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の組み立て方法

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の組み立ては少しだけ慣れが必要です。

そんなに難しいわけではありませんが、コツがあるというか何というか…。

一度コツをつかめばとっても簡単です。

  

キャプテンスタッグのアルミテーブルのように空中でパパッと組み立てることはできません。

VENTLAXのアルミテーブルは『天板』と『フレーム』が別々なので構造的に空中で組み立てるのは難しいです。

  

説明書もついていますし、動画での説明もあるので組み立て方法はイメージしやすいと思います(Amazonの商品ページに)。

参考 組み立て方法をみる

オプションで2枚用のフレームを販売してほしい

デメリットではありませんが、オプションパーツを販売してもらいたいです。

今回3枚組のアルミテーブルを購入しましたが、天板2枚でも使えるようにオプションで二枚用のフレームだけを販売してほしいです。

3枚でも2枚でも使えるようになったら、さらに使い勝手が向上します。

   

\広くて平らで使いやすい/

⭕️メリット

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 軽い・薄い・コンパクト
  • 3枚組は想像以上に広くて使いやすい
  • エッジの『曲げ加工』で落下防止

軽い・薄い・コンパクト

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)は、

  • 軽い
  • 薄い
  • コンパクト

持ち運びやすいです。

ザックに入れやすくて、ちょっとしたスキマがあればスッと入ります(収納時の厚さは約3cm)。

3枚組は想像以上に広くて使いやすい

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)は、想像以上に広くて使いやすいです。

今までありそうでなかった3枚組のテーブル。

   

収納時はコンパクト、使うときは広々テーブルで使い勝手が抜群です。

一度使ったらほかのアルミテーブルが使えなくなります(それほど魅力たっぷり)。

エッジの『曲げ加工』で落下防止

ロゴがある側(下側)

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)のエッジの曲げ加工で落下防止

  

横側

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)のエッジの曲げ加工で落下防止

1枚1枚の天板にそれぞれ曲げ加工がされています。

  

下側

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)のエッジの曲げ加工で落下防止

テーブルの上下左右すべてのエッジに『曲げ加工』がされています

お箸がコロコロと転がって落ちてしまうことがありますが、この曲げ加工のおかげでお箸が転がったときもひっかかって落ちません

地味にうれしいポイントです。

その他・良かったところ

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)
  • 天板のマットな質感がカッコいい
  • 塗装がしっかりしている(色がキレイ)
  • 天板がフラットでふきやすい(掃除しやすい)
  • バリがない
  • サポートがしっかりしてる(購入から360日以内なら返品・交換可能)

         

\広くて平らで使いやすい/

組み立て方法

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の組み立て方法は簡単です。

\写真で流れをイメージ/

  1. STEP

    天板を裏側にして並べる

    VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の組み立て方法

    天板をひっくり返して並べた状態です。

    組み立ては平らなところじゃないと難しいです。

      

    VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の組み立て方法

    上の写真の『赤丸8か所』にフレームを差し込んだり、ひっかけたりします

    組み立ては簡単ですが、コツをつかむまで慣れが必要です。

    最後にグッとひっぱって穴に差し込むときだけ少し力(チカラ)がいります。

      

  2. STEP

    天板ウラ側の一番左側の穴にフレームを差し込む

    VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の組み立て方法

    天板の一番左側にある穴にフレームを差し込みます

    写真では左側からフレームをはめていますが、反対側の右側から組み立てることもできます。

    そのときは順番を逆にしてください。

      

  3. STEP

    左側の穴にフレームを差し込んだ状態

    VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の組み立て方法

    天板の左側の穴にフレームを差し込んだ状態です。

     

  4. STEP

    天板の爪にフレームをひっかける(1回目)

    VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の組み立て方法

    上の写真の赤丸にある「爪」にフレームをひっかけます(1回目・中央の天板の左側の爪)。

    フレームを少しひっぱってグイッとひっかけるイメージです。

      

  5. STEP

    天板の爪にフレームをひっかけた状態(1回目)

    VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の組み立て方法

    天板の爪にフレームをひっかけた状態です(1回目・中央の天板の左側の爪)。

    このあと同じようにして右側にある爪にフレームをひっかけます。

       

  6. STEP

    天板の爪にフレームをひっかける(2回目)

    VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の組み立て方法

    上の写真の赤丸にある「爪」にフレームをひっかけます(2回目・中央の天板の右側の爪)。

    1回目と同じようにフレームを少しひっぱってグイッとひっかけるイメージです。

    天板がバラけないように気をつけてください。

      

  7. STEP

    天板の爪にフレームをひっかけた状態(2回目)

    VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の組み立て方法

    天板の爪にフレームをひっかけた状態です(2回目・中央の天板の右側の爪)。

    このあと最後に天板の右側にある穴にフレームを差し込みます。

      

  8. STEP

    一番右側の穴にフレームを差し込む

    VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の組み立て方法

    最後に天板の右側にある穴にフレームを差し込みます

    天板が崩れないようにうまくグッとチカラを入れてひっぱりながら穴に差し込めばOK

    このときはちょっと力(チカラ)が必要です。

    あとは残っている反対側のフレームも同じように組み立てます

      

  9. STEP

    完成

    VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の組み立て方法

    完成です。

      

\広くて平らで使いやすい/

サイズ・重さなどの仕様

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)のサイズは次のとおりです。

サイズ
使用時35×37.5×10cm
収納時13×40×3cm

   

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)を専用ケースに入れた状態で手に持ってみました。

とっても薄くて軽いです。

バッグの中にスッと入ります。

重さ・材質・耐熱・耐荷重

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の重さを測ったら「654g」でした。

公式サイト記載の重さが『約650g』だったので、ほぼ同じです。

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)
重さ約650g
材質(天板)アルミニウム合金
(フレーム)ステンレス304
耐熱250度
耐荷重15kg

     

耐熱『250度』

熱々のフライパンやスキレットもそのまま置けます。

耐荷重『15kg』

ダッチオーブンを置いたり、調理コンロを置いたりすることもできます。

開封・商品写真

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)

説明書

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の説明書
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の説明書
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の説明書
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の説明書
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の説明書

ソロキャンプにぴったりの『軽い・広い・コンパクト』なアルミテーブル

【2021】ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群|売り切れ前にゲットしよう
VENTLAX アルミテーブル(3枚組)は広くて使いやすい

ワークマンのアルミテーブルはコスパ抜群です。

  • 普通にガンガン使える(安くてしっかり)
  • ゴムバンド』と袋のヒモの『コードストッパー』が便利
  • 超シンプルデザインでカッコいい

   

「千円札1枚」で立派な折りたたみ式のアルミテーブルが買える時代がやってきました。

キャンプ初心者の方におすすめのギアです(なかなかお店にありませんが…)。

  

VENTLAX アルミテーブル(3枚組)の特徴をざっくり言うと、

  • 3枚組で広い
  • 耐荷重15kg
  • 耐熱250度

というハイスペックな軽くて強いソロキャンプテーブル

  

熱々のダッチオーブンやスキレットをそのまま置いてもOK。

薄くてコンパクトなのに展開すると広くて使いやすい、まさにソロキャンプにピッタリのコンパクトなテーブルです。  

   

\広くて平らで使いやすい/

   

厳選 買ってよかったキャンプ用品

キャンプギアをブランドで探す

VENTLAX テンマクデザイン キャプテンスタッグ ユニフレーム 村の鍛冶屋 スノーピーク SOTO トランギア ロゴス ハイランダー FIELDOOR Tokyo Camp WAQ FUTURE FOX YOLER YOGOTO

ダイソー セリア ニトリ ワークマン 無印良品 カインズ

関連記事