ホットサンドメーカー絶品おつまみ

【初心者向け】ソロキャンプにおすすめのLEDランタン【2021年】

   

ソロキャンプにおすすめのLEDランタンは『WAQ LEDランタン』です。

『WAQ LEDランタン』が1つあれば、

  1. キャンプサイト全体を照らすメインランタン
  2. テーブルまわりを照らすテーブルランタン
  3. テント内を照らすテントランタン

にも使えるのでとっても便利です。

  

『WAQ LEDランタン』の特徴をざっくり言うと、

  • 充電式
  • コンパクト
  • 明るい

というハイスペックなLEDランタンです。

   

11月下旬のソロキャンプでLEDランタンを一番明るい状態にして

  1. 夜7時~11時(約4時間
  2. 朝4時30分~6時(約1時間半

まで使ったところ、しっかり朝まで使えました。

明かりを暗くすればもっと使えるので、一泊二日のキャンプなら余裕です。

   

サーカスTC DX

サーカスTC DX
サーカスTC DX
サーカスTC DX

📝この記事を書いた人

毎週キャンプに行っているソロキャンパーです!ギア選びコスパ優先。好きな言葉は『完ソロ』⛺️

WAQ LEDランタンをキャンプ場で使った様子

WAQ LEDランタンの色温度3パターン
(出典:WAQ

『WAQ LEDランタン』は3パターンの色温度を切り替えることができます。

  • 昼光色(5700K)
  • 昼白色(4500K)
  • 電球色(3000K)

  

さらに4種類の点灯モードがあるので、簡単に明るさを調整できるんです。

  1. 最大輝度(1000lm)
  2. 中輝度(550lm)
  3. 低輝度(200lm)
  4. 最低輝度(100lm)

   

真っ暗なキャンプ場で『WAQ LEDランタン』を使ってみました。

テントから5メートルくらい離れて照らしてみましたが、ビックリするくらい明るかったです。

  

広い範囲をピカッと明るく照らしてくれます。

ランタンを点灯しないと本当に真っ暗です(怖いくらいです…)。

昼光色(5700K)

キャンプでWAQ LEDランタンを使った様子

『昼光色』は青白い色です。

テントから5メートル離れていますが、遠くまで明かりが届いています。

真っ暗闇から一瞬で明るくなりました。

  

画像でも十分に明るいですが、体感の明るさはもっと明るいです。

コンパクトな手のひらサイズのランタン1つでこれだけ明るくなります。

昼白色(4500K)

キャンプでWAQ LEDランタンを使った様子

『昼光色』は白色です。

自然な明るさなので「一番使いやすいかな」と感じました。

すごく明るいです。

電球色(3000K)

キャンプでWAQ LEDランタンを使った様子

電球色はオレンジ色です。

昼白色はパキッとした明るさですが、電球色は優しい明るさです。

テントの中で使ったり、お酒を飲みながらまったりと語り合うときに使ったり、と色々使えます。

  

【吊るして使うとき】照らす角度が簡単に変わる

WAQ LEDランタンのハンドルで吊るす様子

『WAQ LEDランタン』を吊るして使うときは、本体のハンドルをひっかける場所によって照らす角度が変わります

付属品のカラナビを使うと簡単に調整できます。

  1. 真ん中 → 下を照らす
  2. 左 → 左斜め下を照らす
  3. 右 → 右斜め下を照らす

下を照らす

WAQ LEDランタンのハンドルで吊るす様子

本体ハンドルの真ん中にカラナビを使って吊るしています

この状態だと真下を照らせます

左斜め下を照らす

WAQ LEDランタンのハンドルで吊るす様子

本体ハンドルの一番左にカラナビを使って吊るしています

この状態だと左斜め下を照らせます

右斜め下を照す

WAQ LEDランタンのハンドルで吊るす様子

本体ハンドルの一番右にカラナビを使って吊るしています

この状態だと右斜め下を照らせます

  

【立てて使うとき】3段階の角度調整が便利

『WAQ LEDランタン』を立てて使うときは、本体のハンドルで3段階に調整できます。

  1. 立てる
  2. 斜め
  3. もっと斜め

  

テーブルランタンとして使うときに便利です。

立てる(ほぼ垂直)

WAQ LEDランタンのハンドルで立てた状態

1段階目の立てている状態です(垂直に近い角度)。

斜め(60度くらい)

WAQ LEDランタンのハンドルで立てた状態

2段階目の斜めの状態です(60度くらい)。

もっと斜め(45度くらい)

WAQ LEDランタンのハンドルで立てた状態

3段階目のもっと斜めの状態です(45度くらい)。

  

WAQ LEDランタンを使ってみた感想

『WAQ LEDランタン』を使ってみた感想は次のとおりです。

  • 小さくて明るい
  • 点灯モードの切り替えが簡単
  • 長時間使える

小さくて明るい

WAQ LEDランタンはコンパクトサイズ

『WAQ LEDランタン』は小さくて明るいです。

手のひらサイズでコンパクトなのに、ボタンを押すと一瞬で広範囲を明るくしてくれます(最大1000lm)。

    

『メイン』から『室内灯』まで幅広く使えるのでキャンプ場で大丈夫です。

  • 3パターンの点灯モード
  • 4段階の調光

で合計12種類の明かりが選べます。

点灯モードの切り替えが簡単

WAQ LEDランタンの電源ボタンを長押しで点灯モードを切り替える

『WAQ LEDランタン』は3つの点灯モードの切り替えが簡単です。

  1. 昼光色(5700K)
  2. 電球色(3000K)
  3. 昼白色(4500K)

電源ボタンを長押し(2秒間)するだけでOK。

室内でテーブルに向けて使った様子

WAQ LEDランタンを点灯させた様子
(①昼光色)
WAQ LEDランタンを点灯させた様子
(②電球色)
WAQ LEDランタンを点灯させた様子
(③昼白色)

上の3枚の写真は室内でテーブルに向けて(置いて)撮りました。

『①昼光色』と『③昼白色』はどちらもパキッと明るいです。

『②電球色』は優しい明るさで落ち着きます。

キャンプ場で使った様子

WAQ LEDランタンを点灯させた様子
(①昼光色)
WAQ LEDランタンを点灯させた様子
(②電球色)
WAQ LEDランタンを点灯させた様子
(③昼白色)

上の3枚の写真はテントから5メートル離れて、『WAQ LEDランタン』を頭の高さからテントに向けて点灯しています。

広い範囲を明るく照らしてくれます。

長時間使える

11月下旬のソロキャンプで一番明るい状態にしてずっと使えました

  • 夜7時~11時(約4時間
  • 朝4時30分~6時(約1時間半

  

バッテリーランプを家に帰って確認したところ『★☆☆☆』(0~25%)になっていました。

キャンプに行く前にフル充電しています『★★★★』(75~100%)。

  

明かりを暗くすればもっと使えるので、一泊二日のキャンプなら余裕です。

使いすぎたらもちろんバッテリーはなくなりますが…。

  

❌デメリット

『WAQ LEDランタン』のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 非防水なので雨だと使えない
  • 付属品のカラナビがすぐ壊れる
  • 専用ケースが使いにくい

非防水なので雨だと使えない

『WAQ LEDランタン』の最大のデメリットは「非防水」なところです。

非防水なので雨がふっていると屋外では使えません

  

人気のLEDランタン『LUMENA2』(ルーメナー2)には防水機能がありますが、『WAQ LEDランタン』は「非防水」です。

価格は『WAQ LEDランタン』の方が安いので仕方ないところですが…。

  

\防塵・防水でタフに使える/

【LUMENA2】(ルーメナー) LEDランタン
LUMENA(ルーメナー)

   

防滴キャップ

WAQ LEDランタンの防滴キャップ
WAQ LEDランタンの防滴キャップをはめた状態

付属品の『防滴キャップ』がありますが、これは防水にするものではありません。

『防滴キャップ』はキャンプ場でなくしやすいので気をつけてください(落とすと見つけるのが難しいです)。

付属品のカラナビがすぐ壊れる

WAQ LEDランタンの付属品カラビナ

付属品のカラナビがすぐ壊れました…。

カラナビの『ゲート』(開閉するところ)のワイヤーがすぐハズれます

数回カチャカチャとしていると自然と緩んできてポロッと取れます…。

  

たまたま不良品にあたってしまったかもしれませんが、2つとも同じように壊れました

基本的なつくりがチープ(おもちゃっぽい)ので仕方ないのかもしれませんが、もう少しちゃんとしたカラナビをつけてもらいたいです。

今度100円ショップでカラナビを買ってきます。

専用ケースが使いにくい

WAQ LEDランタンの付属品の専用ポーチ

専用ケースがついているのはうれしいですが、少し使いにくいところがあります。

ケースを開けたときに付属品の『USBケーブル・カラナビ・防滴キャップ』がこぼれ落ちやすいです(コロコロッと出てくる)。

  

空洞になっているので、付属品がポーチの中でガチャガチャと動きます

この部分はボタンやゴムでとまるようにしてもらいたいです。

    

⭕️メリット

『WAQ LEDランタン』のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 小さい
  • 明るい
  • モバイルバッテリーにもなる

小さい

WAQ LEDランタンの大きさはコンパクトサイズ

『WAQ LEDランタン』はとっても小さいです(縦と横が『約8cm』)。

厚さは『2.6cm』と薄いので、親指と人差し指で簡単につまむことができます。

  

手のひらにおさまるコンパクトサイズ。

   

僕は『WAQ LEDランタン』をキャンプで使っていますが、持ち運びやすくてとても助かっています

今まで使っていたLEDランタンは『円筒状のタイプ』だったので、かなり小さくなりました。

↓↓ 今まで使っていたGENTOS(ジェントス)のLEDランタンと大きさを比較

WAQ LEDランタンとGENTOSのLEDランタンを並べて大きさを比較

GENTOS(ジェントス)のLEDランタンは丸い筒状なので、キャンプに行くときのバッグに入れるとどうしても場所をとってしまいます。

『WAQ LEDランタン』は上着のポケットにも入りますし、付属の専用ポーチに入れてカラナビでひっかけて持ち運ぶこともできます。

明るい

WAQ LEDランタンをキャンプで点灯させた様子

『WAQ LEDランタン』は最大1000lmでLEDランタンとしてはかなり明るいです。

明るさを『4段階』調整できますが、一番明るい状態だとまぶしいくらいの明るさがあります。

  

使うシーンにもよりますが、2番目や3番目の明るさでも大丈夫です。

照らす範囲が広いので、キャンプ場でメインランタンとして十分使えます。

モバイルバッテリーにもなる

『WAQ LEDランタン』は大容量10,000mahの『LG社製バッテリー』を使用していて、モバイルバッテリーにも使えます

フル充電状態なら、

  • iPhone xs(2.6回
  • Gaalaxy S8(2回
  • iPad Pro(1回

充電できます。

   

明るくてコンパクトサイズで持ち運びやすくて、『ランタン』にも『モバイルバッテリー』にも使える優れものです。

『WAQ LEDランタン』を使うまではキャンプの夜が暗くて怖かったんですが、今はキャンプの夜でも明るくて快適になりました。

  

💬『WAQ LEDランタン』の口コミ

『WAQ LEDランタン』の口コミをTwitterからまとめました

良かったところ
  • めっちゃ明るい
  • 小さくて軽い
  • アフターサポートがしっかりしている

    

   

パッケージ

『WAQ LEDランタン』のパッケージは次のとおりです。

WAQ LEDランタンのパッケージ
WAQ LEDランタンのパッケージ
(オモテ側)
WAQ LEDランタンのパッケージ
(ウラ側)

付属品

WAQ LEDランタンの本体と付属品

『WAQ LEDランタン』の付属品は次のとおりです。

  • 専用ポーチ
  • Micro 5pin USBケーブル
  • 専用カラナビ(2個)
  • 防滴キャップ

専用ポーチ

WAQ LEDランタンの専用ポーチ

専用ポーチはツヤ消しのブラックでカッコいいです。

真ん中に『WAQ』の文字があります。

  

WAQ LEDランタンの専用ポーチ

専用ポーチはファスナーで開閉します。

  

WAQ LEDランタンの専用ポーチ

ダブルジップなので開けたり、閉めたりするのがスムーズにできます。

ファスナーの持ち手が大きいのでつまみやすいです。

ファスナーはなめらかに動くので、ひっかかることもありません。

   

WAQ LEDランタンの専用ポーチ

フック(輪っか)が1個ついています。

付属品のカラビナを使ってバッグにつけることも可能です。

  

WAQ LEDランタンの専用ポーチ
WAQ LEDランタンの専用ポーチ

『WAQ LEDランタン』の本体と付属品がまとめて全部入ります。

ランタン本体を入れるところにはゴムバンドがあるのでしっかりと固定されます

Micro 5pin USBケーブル

WAQ LEDランタンの付属品のMicro 5pin USBケーブル 1個(キャップ式)

Micro 5pin USBケーブルは、

  • ランタン本体の充電にも
  • スマホの充電にも(iPhone・Android)

使えます。

  

\コスパ抜群/

WAQ LEDランタンの付属品のMicro 5pin USBケーブル 1個(キャップ式)
WAQ LEDランタンの付属品のMicro 5pin USBケーブル 1個(キャップ式)

アダプターがついているので、iPhoneにもAndroidにも使えます。

ライトニングケーブルにも切り替えできるので、ケーブルが1本で足りるのはとっても便利です。

無料でついている付属品としてはコスパ抜群(うれしい)。

専用カラナビ(2個)

WAQ LEDランタンの付属品のカラナビ
WAQ LEDランタンの付属品のカラナビ

小さめのカラナビが2個ついています。

真ん中には『WAQ』のロゴがプリントされています。

   

WAQ LEDランタンのハンドルを持っている様子

このカラナビはランタンの角度調整をするときに使います。

上の写真の指でつまんでいる本体のハンドルにカラナビをひっかければOKです。

  

  • 真ん中(を照らす)
  • 一番右側(右斜め下を照らす)
  • 一番左側(左斜め下を照らす)

の3か所にカラナビをかけることができます。

  

一番右側と左側にカラナビをかけると自然と傾くので、結果的に斜め下を照らすことができます。

真下を照らしたいときは真ん中を使えば、簡単にランタンの角度が調整できて便利です。

防滴キャップ

WAQ LEDランタンの付属品の防滴キャップ
WAQ LEDランタンの付属品の防滴キャップ

USBポートに防滴キャップを装着することで、水や湿気、ホコリなどの侵入を防いでくれます

  

WAQ LEDランタンの付属品の防滴キャップ
WAQ LEDランタンの付属品の防滴キャップ

WAQ公式サイトを確認したら注意点があったのでご紹介します。

※防水にするものでは無いのでご注意ください。
※常時装着することは推奨しておりません。

WAQ公式サイト

   

大きさ・重さなどの仕様

WAQ LEDランタン本体
WAQ LEDランタン本体

『WAQ LEDランタン』の大きさ・サイズは次のとおりです。

サイズ
奥行き8.1cm
8.1cm
高さ2.6cm

   

WAQ LEDランタンを手に持った様子

『WAQ LEDランタン』は手のひらサイズでとってもコンパクトです。

1000ルーメンのLEDランタンがこんなに小さいのには驚きました。

   

WAQ LEDランタンの重さ
WAQ LEDランタンの重さ

『WAQ LEDランタン』の重さは次のとおりです。

重さ
本体(実測)229g
(公式サイト表記)220g
ケース・付属品・本体309g

GENTOS(ジェントス)のLEDランタンと大きさを比較

WAQ LEDランタンをGENTOS(ジェントス)のLEDランタンと大きさを比較

GENTOS(ジェントス)のLEDランタンと大きさを比べてみました。

比べるまでもなく『WAQ LEDランタン』が小さいです。

  

WAQ LEDランタンをGENTOS(ジェントス)のLEDランタンと大きさを比較

横側からの比較写真ですが、『WAQ LEDランタン』は薄くて小さいのがよくわかります。

GENTOS LEDランタンは丸い筒状なので、大きさが全然違います。

カラーバリエーション

WAQ LEDランタンのカラーバリエーション
(出典:WAQ

『WAQ LEDランタン』のカラーバリエーションは3色です。

上側からの写真(ハンドルがある方)

WAQ LEDランタン本体の上側

上部にはハンドルがついています。

90度(3段階)調整可能です。

下側からの写真

WAQ LEDランタン本体の下側

上部には『電源ボタン』『USBポート』『バッテリーランプ』があります。

  

WAQ LEDランタンの防滴キャップ
WAQ LEDランタンの防滴キャップ

付属品の『防滴キャップ』を使えば簡易的にカバーできます。

『防滴キャップ』を使っても防水にはなりません。

横側からの写真(その1)

WAQ LEDランタン本体の横側

横側には『PSEマーク』がプリントされています。

WAQ LEDランタンはモバイルバッテリー機能もあるので、電気用品安全法(PSE)適合検査をクリアしています。

横側からの写真(その2)

WAQ LEDランタン本体の横側

こちらの横側には何もありません。

   

取扱説明書(保証書)

WAQ LEDランタンの取扱説明書(保証書)

『WAQ LEDランタン』の取扱説明書は4つ折りの両面印刷になっています。

  • オモテ側:日本語
  • ウラ側:英語

  

WAQ LEDランタンの取扱説明書(保証書)
WAQ LEDランタンの取扱説明書(保証書)
WAQ LEDランタンの取扱説明書(保証書)
WAQ LEDランタンの取扱説明書(保証書)

『WAQ LEDランタン』は簡単に使えるので取扱説明書をじっくりと読まなくても大丈夫です。

基本的に『電源ボタン』を押せば切り替わっていきます(4段階)。

  

「色温度」を切り替えるのは、電源ボタンを『長押し(2秒)』です(3パターン)。

  • 昼光色(5700K)
  • 昼白色(4500K)
  • 電球色(3000K)

寒色〜暖色まで変更できます。

人気のLEDランタン『LUMENA』(ルーメナー)と比較

LUMENA(ルーメナー)のLEDランタン3種類とスペックを比較しました。

WAQLUMENA7LUMENA2LUMENAプラス
明るさ100~1000lm260~1300lm100~1500lm150~1800lm
連続点灯時間7~50時間8~100時間8~100時間12~160時間
バッテリー10000mAh10000mAh10000mAh20000mAh
重さ220g220g280g440g
サイズ8.6×8.3×2.6cm9.2×9.2×2.8cm12.9×7.5×2.27cm14.6×9.6×2.8cm
色温度昼光色・昼白色・電球色昼光色・昼白色・電球色昼光色・昼白色・電球色昼光色・昼白色・電球色
防水IP67

   

個人的な意見をざっくり言うと次のとおりです。

LEDランタン特徴
WAQこの中では一番安い
小さくて明るい
LUMENA7小さくて明るい
LUMENA2防塵&防水でタフに使える
LUMENAプラスとっても明るい
バッテリーが大きい

   

WAQのLEDランタンはコスパが良いLEDランタン。セールで30%オフになるときがお買い得です。

LUMENAのLEDランタンは高機能です。価格はその分だけ高いです。

  

\コスパ優秀/

  

\コンパクトで明るい/

  

\防塵・防水でタフに使える/

【LUMENA2】(ルーメナー) LEDランタン
LUMENA(ルーメナー)

  

\大容量でとっても明るい/

購入後のサポート

『WAQ LEDランタン』はアフターサポートもしっかりしています

  • 30日間返品保証
  • スタッフによるアフターサポートあり
  • 1年保証

30日間返品保証

購入してから30日以内であれば返品できます。

スタッフによるアフターサポートあり

カスタマーセンターに『メール』や『電話』で問い合わせをすることができます。

電話06-6195-8288
メールinfo@waqoutdoor.com

1年保証

購入日から1年間のメーカー保証がついています。

  • 初期不良であれば無償で新品と交換
  • 通常の使用で破損した場合は修理もしくはパーツの交換

『保証書』(説明書)が必要になるので、なくさないように気をつけてください。

ソロキャンプにぴったりのコンパクトで明るい充電式LEDランタン

『WAQ LEDランタン』はコスパ抜群です。

  • 小さい
  • 明るい
  • 長時間使える

   

人気のあるLEDランタン『LUMENA』(ルーメナー)より安いところもポイントです。

まぶしいくらいに明るくて(最大1000lm)、広範囲を照らしてくれます。

  

『WAQ LEDランタン』が1つあれば、

  1. キャンプサイト全体を照らすメインランタン
  2. テーブルまわりを照らすテーブルランタン
  3. テント内を照らすテントランタン

にも使えるのでとっても便利です

  

  

まとめ 買ってよかったキャンプ用品

キャンプギアをブランドで探す

VENTLAX テンマクデザイン キャプテンスタッグ ユニフレーム 村の鍛冶屋 スノーピーク SOTO トランギア ロゴス ハイランダー FIELDOOR Tokyo Camp WAQ FUTURE FOX YOLER YOGOTO

ダイソー セリア ニトリ ワークマン 無印良品 カインズ

関連記事