ゆるキャン△聖地のキャンプ場まとめ

【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける

   

キャンプにおすすめのグローブ・手袋をまとめてご紹介します。

   

グローブや手袋の『材質』や『目的』によって使い分けると快適なキャンプが楽しめます。

ワークマンのレザーグローブは安くてしっかりしているのでおすすめです(499円で買えるのは驚き)。

   

特徴をざっくり比較

特徴使う目的・シーン
レザーグローブ耐熱性に優れている焚き火、薪割り、火を使った料理
ゴム手袋通気性が良くて滑りにくいテントの設営・撤収、荷物を持ち運ぶ
指なし手袋指先が自由に使える冬キャンプで防寒対策

   

\写真でイメージ/

【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
レザーグローブ
お知らせ
  • ご紹介しているアイテムは記事作成時点のものです。
  • 商品によっては仕様変更があったり、生産終了になっていたりする可能性があります。

サーカスTC DX

注目楽天スーパーSALE』が12月4日(土)20:00から12月11日(土)01:59まで開催されます。エントリーを忘れないように気をつけてください(事前エントリー受付中です)。

📝この記事を書いた人

毎週キャンプに行っているソロキャンパーです!ギア選びコスパ優先。趣味は『ゆるキャン△聖地巡礼』。

レザーグローブ(ワークマン)

【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
フリーサイズ(499円)

ワークマンの2021年新作レザーグローブはコスパ最強です。

  • 耐摩耗性
  • 耐熱性

に優れた「やわらかい牛床革グローブ」が激安価格の『499円』で買えます。

  

ワークマンの革手袋は、ただ安いだけでなく機能性もバッチリです。

特徴
  • 5本指タイプ
  • ニオイや汗ムレ防止、内側純綿加工
  • オイル加工でやわらかく、洗濯が可能
  • ずれにくい手首しぼりつき

  

厚みがしっかりあってやわらかいので、キャンプのいろいろなシーンで大活躍してくれます。

  1. 焚き火にも
  2. 薪割りにも
  3. 火をつかった料理にも

ガンガン使えます。

  

シンプルなデザインで見た目もカッコいいです。

『Sサイズ』や『Jrサイズ』もあるので、女性やお子さんにもピッタリなレザーグローブです。

やわらかいので女性でも握りやすいレザーグローブに仕上がっています。

ワークマンのレザーグローブを使った感想

【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
レザーグローブの黄色がキレイ
【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
薪を持ってみた
【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
焚き火たのしい

ワークマンのレザーグローブ(革手袋)を使った感想は次のとおりです。

  • キャンプで大活躍してくれる(便利)
  • 499円とは思えないクオリティーの高さ(驚き)
  • 女性にもお子さんにもおすすめのレザーグローブ(やわらかくて握りやすい)

商品写真

【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
タグつきの新品
【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
シンプルなデザイン
【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
色もきれい
【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
内側はサラッとしてる

⭕️メリット

ワークマンのレザーグローブ(革手袋)のメリットは次のとおりです。

メリット
  • とにかく安い(499円)
  • 革が厚くてやわらかい(使いやすい)
  • シンプルなデザインで見た目が可愛い

❌デメリット

ワークマンのレザーグローブ(革手袋)のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 一番大きいフリーサイズでもサイズはやや小さめ
  • (手が大きな男性は「セミロングタイプがいいかも」)

     

続き ワークマンのレザーグローブの記事を読む

ゴム手袋(ワークマン)

【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける

ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』は素材が「天然ゴム」と「ポリエステル」なので、

  • 焚き火のときに使ったり(NG)
  • 熱いものを持ったり(NG)

はできませんが、デザインがものすごく気に入りました(とっても可愛い)。

   

お手頃価格の『99円』で買えるのもポイントです。

通気性が良くて滑りにくいので、キャンプでテントやタープの設営をするときや荷物を持ち運ぶときに便利です。

ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』を使った感想

ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』を使った感想は次のとおりです。

  • 安い
  • 見た目が可愛い
  • よく伸びてフィット感が良い

商品写真

【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
グリーン:蛙のプリント
【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
フィット感が良い
【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
ブラウン:切り株のプリント
【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
フィット感が良い

❌デメリット

ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 熱に弱い
  • 水や液体が染みる
  • 刃物や尖ったものに弱い

⭕️メリット

ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 通気性が良い(メッシュ加工)
  • フィット感が良い(よく伸びる)
  • ゴム素材で滑りにくい(グリップする)

    

続き ワークマンのワーク&アウトドアグローブの記事を読む

指なし手袋(ダイソー)

【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける

冬キャンプで昼間に作業をしているとき手が寒かったので、ダイソーの手袋(指なし・指先カット)を購入しました。

滑り止めのイボイボがあるタイプ』と『ないタイプ』を比較してご紹介します。

    

すべり止めカラー価格
ありブラック110円
なしグレー
ブラック
110円

ダイソーの手袋(指なし・指先カット)を使った感想

【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
滑り止めあり
【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
滑り止めなし

ダイソーの手袋(指なし・指先カット)を使った感想は次のとおりです(購入日は2021年11月)。

  • 地味に暖かくてうれしい(手袋をする・しないで全然違う)
  • 指先がフリーで細かい作業ができる(楽チンでとっても便利)
  • 1日ずっと装着したままでも気にならない(ゴワゴワ感がないので快適)

商品写真

【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
滑り止めあり
【比較】キャンプにおすすめのグローブ・手袋まとめ|材質や目的に応じて使い分ける
滑り止めなし

⭕️メリット

ダイソーの手袋(指なし・指先カット)のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 指先が自由に使える(写真を撮るときも楽チン)
  • 手のひらと甲が暖かい(冬キャンプで大活躍)
  • ストレスフリーな装着感(薄手の手袋で窮屈感がない)

❌デメリット

ダイソーの手袋(指なし・指先カット)のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 指先が寒い…(こればかりは仕方ない)
  • 耐久性はやや心配…(110円なのでダメになったら買い換える)
  • 滑り止めの有無は好みがわかれる…(好きな方を選んで使う)

    

続き ダイソーの手袋(指なし)の記事を読む

グローブや手袋を使ってキャンプを安全に楽しむ

グローブや手袋の『材質』や『目的』によって使い分けると安全で快適なキャンプが楽しめます。

ワークマンのレザーグローブは安くてしっかりしているのでおすすめです(499円で買えるのは驚き)。

   

特徴をざっくり比較

特徴使う目的・シーン
レザーグローブ耐熱性に優れている焚き火、薪割り、火を使った料理
ゴム手袋通気性が良くて滑りにくいテントの設営・撤収、荷物を持ち運ぶ
指なし手袋指先が自由に使える冬キャンプで防寒対策

   

厳選 買ってよかったキャンプ用品

キャンプギアをブランドで探す

VENTLAX テンマクデザイン キャプテンスタッグ ユニフレーム 村の鍛冶屋 スノーピーク SOTO トランギア ロゴス ハイランダー FIELDOOR Tokyo Camp WAQ FUTURE FOX YOLER YOGOTO

ダイソー セリア ニトリ ワークマン 無印良品 カインズ

関連記事