ゆるキャン△聖地のキャンプ場まとめ

【比較】オイルランタンにおすすめの燃料は?灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明

   

オイルランタンの燃料は次の2つです。

  1. パラフィンオイル
  2. 灯油

参考 ガソリンを使うランタンは「ガソリンランタン」になります。

   

『パラフィンオイル』や『灯油』はガソリンよりも取り扱いやすくて安全

オイルランタンはキャンプ初心者にも使いやすいランタン

   

LEDランタンも便利ですが、オイルランタン特有の『優しい明かり』は心を癒やしてくれます。

ゆらゆらと揺らめく炎を眺めているだけでリラックス。

   

最初にざっくり言うと
  • オイルランタンにおすすめの燃料は人によって違います
  • パラフィンオイルはオイルランタンを初めて使う人におすすめです。
  • 灯油はコスパを優先するキャンプ経験者の人におすすめ。

   

\写真でイメージ/

こちらの記事では実際に感じたリアルな使用感をご紹介します。

TwitterやInstagramの画像をいっさい引用していません(「ページ分割」もしていないのでストレスフリーに読めます)。

  

サーカスTC DX

📝この記事を書いた人

キャンプ大好き。年間63泊以上キャンプに行っています!ギア選びコスパ優先。趣味は『ゆるキャン△聖地巡礼』。

パラフィンオイルと灯油の違い

【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明
左:パラフィンオイル、右:灯油

パラフィンオイルと灯油の違いをまとめました。

\比較表/

パラフィンオイル灯油
価格高い安い
におい臭くない臭い

(すす)
出にくい
(汚れにくい)
出やすい
(汚れやすい)
炎の大きさ小さめ大きめ
引火点95度以上
(燃えにくいので安全)
40度付近
持ち運び専用ボトルが不要
(ペットボトルで持ち運べる)
専用ボトルが必要

※パラフィンオイルは完全に無臭ではありません。ロウソクを燃やしているときのようなニオイがします。

パラフィンオイルの特徴

【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明

パラフィンオイルを簡単に言うと、蝋燭(ろうそく)のロウが液体状になっているものです。

パラフィンオイルは煤(すす)が出にくいのでオイルランタンが汚れにくい

お手入れ(メンテナンス)が楽チン

    

通常のパラフィンオイルのほかに虫除け効果があるタイプもあります。

メリット

パラフィンオイルのメリットは次のとおりです。

メリット
  • 引火性・揮発性が低い(燃えにくいので安全)
  • ニオイが臭くない(テント内で使っても気にならない)
  • ススが出にくい(汚れにくいのでお手入れが楽チン)

※パラフィンオイルは完全に無臭ではありません。ロウソクを燃やしているときのようなニオイがします。

デメリット

パラフィンオイルのデメリットは次のとおりです。

メリット
  • 価格が高い
  • 炎が小さめ

灯油の特徴

【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明
石油ストーブと灯油

灯油は家庭でもよく使われている燃料です。

寒い季節に使う『石油ストーブ』の燃料が灯油になります。

   

灯油は価格が安いですが、ニオイと煤(すす)が出やすいです。

ガソリンスタンドで販売しています。

メリット

灯油のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 価格が安い
  • 炎が大きい
  • 冬キャンで石油ストーブを使う人は燃料を1本化できる

デメリット

灯油のデメリットは次のとおりです。

メリット
  • 引火性・揮発性が高い(取り扱いに注意が必要)
  • ニオイが臭い(屋外で使った方がいい)
  • ススが出やすい(汚れやすいので掃除が面倒くさい)

オイルランタンにパラフィンオイルを入れて使った様子

パラフィンオイルをオイルランタンに入れて使ってみました。

点灯する前の状態

【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明

点灯する前のランタンです。

点灯した状態(フュアーハンドランタン276ジンク)

【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明
【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明

パラフィンオイルを入れて点灯した状態の『フュアーハンドランタン276ジンク』です。

点灯した状態(キャプテンスタッグのオイルランタン小)

【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明
【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明

パラフィンオイルを入れて点灯した状態の『キャプテンスタッグのオイルランタン・小』です。

ツマミをまわして芯の長さを調整する

\かんたん動画/

2つのオイルランタンを並べた状態

【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明
【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明

点灯した状態のランタン2つを並べてみました。

キャンプ場|フュアーハンドランタン276ジンク

【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明
【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明

キャンプ場|キャプテンスタッグのオイルランタン・小

【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明
【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明

参考 キャプテンスタッグのオイルランタンの記事を読む

参考 ユージャックのハンマーランタンスタンドの記事を読む

(参考)パラフィンオイルを少し安く買う方法

【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明
左:2L・右:1L

パラフィンオイルを安く買う方法は大きいサイズを選ぶことです。

「1L」よりも「2L」の方が100mlあたりの単価が安くなります。

  

スターパラフィンオイルで比較

価格100mlあたりの単価
1L1,760円176円
2L2,640円132円

  

フュアーハンドランタンの燃料はパラフィンオイルがおすすめ

【比較】オイルランタンにおすすめの燃料|灯油とパラフィンオイルの違いを簡単説明

オイルランタンの燃料はケースバイケースで使い分けるのも1つです。

  • 安いランタンには『灯油』
  • 高価なランタンには『パラフィンオイル』
  • 夏の虫対策には『虫よけ効果があるパラフィンオイル』

  

高価なフュアーハンドランタンの燃料はパラフィンオイルがおすすめです。

お手入れが楽チンで、フュアーハンドランタンをずっとキレイな状態で使えます。

    

セリアのオイルボトルもおすすめ

セリアのオイルボトル(100ml)にパラフィンオイルを入れて使ってみました。

オイルランタンの燃料を手軽に持ち運ぶことができて便利です。

   

参考 セリアのオイルボトルの記事を読む

   

厳選 買ってよかったキャンプ用品

後悔 買って失敗したキャンプ道具まとめ

関連記事