ゆるキャン△聖地のキャンプ場まとめ

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ

    

テンマクの薪ストーブ(ウッドストーブサイドヴュー・M)を『サーカスTC DX』にインストールしてみました。

  1. 標準セット
  2. 三重煙突
  3. 追加煙突×4本

でセッティングしたので煙突がかなりの長さに…。

   

サーカスTCDX × 薪ストーブ

\メリット・デメリット紹介/

テント中心に薪ストーブを置く

メリット
  • 煙突の熱を有効利用できて暖かい(幕内にある煙突が長いので)
  • 薪ストーブの横窓を見やすい(左右の窓から見える炎が美しい)
  • 外から見たときの見た目がカッコいい(煙突が中央から出てシュッとしてる)
デメリット
  • 薪ストーブ奥側のスペースを使いにくい…(デッドスペースができやすい)
  • コットを置くにくい…(真ん中に薪ストーブがあるので)
  • うっかり煙突をさわってしまうリスクが高い…(酔っ払っているときは要注意)

テント壁側に薪ストーブを置く

【冬キャンプ】薪ストーブのテント内レイアウトをブログでご紹介
メリット
  • レイアウトの自由度が高い(デッドスペースが少ない)
  • コットを置きやすい(デュオキャンにも対応できる)
  • うっかり煙突をさわってしまうリスクが低い(幕内を移動するときにジャマにならない
デメリット
  • 煙突の熱を有効利用しにくい…(幕内にある煙突が短いので)
  • 薪ストーブの横窓を見にくい…(角度を調整する必要あり)
  • 外から見たときの見た目がイマイチ…(バランスが悪くていびつ)

   

煙突が長すぎる!?

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ

『火の粉対策』のために煙突を長めに出す予定だったのでコレはコレでOKです。

(想像以上に長くなったので少しビックリしましたが…)

これだけ煙突を伸ばせば火の粉でテントに穴があくことはないでしょう。

薪はしっかり乾燥させてある『広葉樹』がおすすめです。
乾燥が不十分な薪は爆ぜやすいのでNG)

   

\薪ストーブ or 石油ストーブ/

  • 薪ストーブは準備と片付けがめっちゃ面倒くさいです…。
  • (上級者向けのギアなので初心者にはおすすめしません)
  • 冬キャンの暖房器具で使うなら石油ストーブがおすすめ

※車に積めるなら家で使っている石油ストーブ(例えばCORONAの長方形のストーブとか)をキャンプ場に持っていくのも1つ(くれぐれも幕内の火器使用は自己責任で)。

   

ポイント
  • テントから出した煙突が短いと火の粉で穴があきます(火が消えないので)。
  • 煙突を長くすればテント(幕)まで距離があるので火の粉が自然と消える
  • 煙突は長めがおすすめです。

   

\写真でイメージ/

『サーカスTC DX』はダブルファスナーが2か所あるので(リニューアル後のサーカスTC DX+はトリプルファスナーに仕様変更)

から薪ストーブの煙突を出してみました。

  

   

オプションをいろいろ購入

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ

テンマクの薪ストーブ(ウッドストーブサイドヴュー・M)の『オプション』と『追加アイテム』をいろいろ購入しました。

三重煙突(M用・Φ63mm)
tent-Mark
tent-Mark

    

こちらの記事では実際に感じたリアルな使用感をご紹介します。

TwitterやInstagramの画像をいっさい引用していません(「ページ分割」もしていないのでストレスフリーに読めます)。

   

注意点
  • テント内での火器使用はメーカー推奨行為ではありません(原則禁止)。
  • こまめな換気を心がけてください。
  • 適正温度(200℃~350℃)での使用が望ましいです(煙突が赤い状態は温度が高すぎる)。

    

薪ストーブの関連記事

サーカスTC DX

📝この記事を書いた人

キャンプ大好き。年間63泊以上キャンプに行っています!ギア選びコスパ優先。趣味は『ゆるキャン△聖地巡礼』。

参考:現在の薪ストーブ×サーカスTC DX(2022/11/27追記)

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ

現在の『薪ストーブ×サーカスTC DX』の使用状況は次のとおりです。

  • 三重煙突
  • 追加煙突 × 3本

サーカスTC DXの後ろ側ファスナーから煙突を出すときも同じ

※煙突ショートは使っていません。

ファスナーの隙間(すきま)対策

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ

煙突を外に出しているファスナーの隙間(すきま)対策に『ロックハンドクランプ』を使っています。

煙突を固定できて一石二鳥
動きにくいズレにくい

    

リニューアル後のサーカスTC DX+(プラス)は『トリプルファスナー』に仕様変更されているので『ロックハンドクランプ』を使わなくても隙間対策ができます。

    

【サーカスTCDX・後ろ側】薪ストーブをテントにインストール

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突+追加煙突×4本

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』をサーカスTCDXの後ろ側にインストールした様子をご紹介します。

煙突の長さがわかるようにいろいろなパターンをまとめました。

  1. 標準セットのみ
  2. 標準セット+三重煙突
  3. 標準セット+三重煙突+追加煙突×1本
  4. 標準セット+三重煙突+追加煙突×2本
  5. 標準セット+三重煙突+追加煙突×3本
  6. 標準セット+三重煙突+追加煙突×4本

   

注意点
  • 薪ストーブをサーカスTC DXに入れて使うときは『標準セット』の煙突の本数だと足りません
  • 追加の煙突を2本以上購入するのがおすすめです。

   

『三重煙突』or『プロテクター』

三重煙突プロテクター
煙突の長さ煙突1本分長さが伸びる
(高さを稼げる)
煙突の高さは稼げない
(煙突の周囲をカバーするだけ)
三重煙突(M用・Φ63mm)
tent-Mark

①標準セットのみ

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セットのみ
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セットのみ

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』の標準セットのみでセッティングしてみました。

サーカスTC DXのてっぺんより低いのでこのまま使うのはおすすめできません。

②標準セット+三重煙突

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』の標準セット+三重煙突でセッティングしてみました。

三重煙突を使うと煙突1本分高くなります。

③標準セット+三重煙突+追加煙突×1本

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突+追加煙突×1本
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突+追加煙突×1本

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』の標準セット+三重煙突+追加煙突×1本でセッティングしてみました。

煙突の位置がサーカスTC DXのてっぺんより高くなっています。

   

ポイント
  • 『プロテクター』を使うときは追加煙突×2本とほぼ同じ高さです。
  • 三重煙突は追加煙突1本分の高さがあります。

④標準セット+三重煙突+追加煙突×2本

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突+追加煙突×2本
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突+追加煙突×2本

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』の標準セット+三重煙突+追加煙突×2本でセッティングしてみました。

煙突の位置がかなり高くなりました。

   

ポイント
  • 『プロテクター』を使うときは追加煙突×3本とほぼ同じ高さです。
  • 三重煙突は追加煙突1本分の高さがあります。

⑤標準セット+三重煙突+追加煙突×3本

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突+追加煙突×3本
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突+追加煙突×3本

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』の標準セット+三重煙突+追加煙突×3本でセッティングしてみました。

これだけ煙突を伸ばせば「火の粉」でテントに穴があくこともないはず。

   

ポイント
  • 『プロテクター』を使うときは追加煙突×4本とほぼ同じ高さです。
  • 三重煙突は追加煙突1本分の高さがあります。

⑥標準セット+三重煙突+追加煙突×4本

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突+追加煙突×4本
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突+追加煙突×4本

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』の標準セット+三重煙突+追加煙突×4本でセッティングしてみました。

今回薪ストーブをセッティングした中で煙突が一番高い状態です。

煙突が長すぎて持ち上げるのが大変でした…。

   

ポイント
  • 『プロテクター』を使うときは追加煙突×5本とほぼ同じ高さです。
  • 三重煙突は追加煙突1本分の高さがあります。

横から見た状態

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突+追加煙突×4本

薪ストーブの煙突が空にむかって一直線に伸びています。

火の粉対策もバッチリ

     

三重煙突(M用・Φ63mm)
tent-Mark
tent-Mark

太さ5mmのガイロープでしっかり固定する

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ

煙突を長くした分だけ風の影響を受けやすくなるので頑丈なガイロープを使います。

極太5mmのガイロープで固定

   

【サーカスTCDX・前側】薪ストーブをテントにインストール

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突+追加煙突×4本
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突+追加煙突×4本

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』をサーカスTCDXの前側にインストールした様子をご紹介します。

サイドフラップがある側です。

煙突の長さがわかるようにいろいろなパターンをまとめました。

  1. 標準セットのみ
  2. 標準セット+三重煙突
  3. 標準セット+三重煙突+追加煙突×1本
  4. 標準セット+三重煙突+追加煙突×2本
  5. 標準セット+三重煙突+追加煙突×3本
  6. 標準セット+三重煙突+追加煙突×4本

   

注意点
  • 薪ストーブをサーカスTC DXに入れて使うときは『標準セット』の煙突の本数だと足りません
  • 追加の煙突を2本以上購入するのがおすすめです。

   

『三重煙突』or『プロテクター』

三重煙突プロテクター
煙突の長さ煙突1本分長さが伸びる
(高さを稼げる)
煙突の高さは稼げない
(煙突の周囲をカバーするだけ)
三重煙突(M用・Φ63mm)
tent-Mark

①標準セットのみ

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セットのみ
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セットのみ

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』の標準セットのみでセッティングしてみました。

サーカスTC DXのてっぺんより低いのでこのまま使うのはおすすめできません。

②標準セット+三重煙突

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』の標準セット+三重煙突でセッティングしてみました。

三重煙突を使うと煙突1本分高くなります。

③標準セット+三重煙突+追加煙突×1本

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』の標準セット+三重煙突+追加煙突×1本でセッティングしてみました。

煙突の位置がサーカスTC DXのてっぺんより高くなっています。

   

ポイント
  • 『プロテクター』を使うときは追加煙突×2本とほぼ同じ高さです。
  • 三重煙突は追加煙突1本分の高さがあります。

④標準セット+三重煙突+追加煙突×2本

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』の標準セット+三重煙突+追加煙突×2本でセッティングしてみました。

煙突の位置がかなり高くなりました。

   

ポイント
  • 『プロテクター』を使うときは追加煙突×3本とほぼ同じ高さです。
  • 三重煙突は追加煙突1本分の高さがあります。

⑤標準セット+三重煙突+追加煙突×3本

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』の標準セット+三重煙突+追加煙突×3本でセッティングしてみました。

これだけ煙突を伸ばせば「火の粉」でテントに穴があくこともないはず。

   

ポイント
  • 『プロテクター』を使うときは追加煙突×4本とほぼ同じ高さです。
  • 三重煙突は追加煙突1本分の高さがあります。

⑥標準セット+三重煙突+追加煙突×4本

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』の標準セット+三重煙突+追加煙突×4本でセッティングしてみました。

今回薪ストーブをセッティングした中で煙突が一番高い状態です。

煙突が長すぎて持ち上げるのが大変でした…。

   

ポイント
  • 『プロテクター』を使うときは追加煙突×5本とほぼ同じ高さです。
  • 三重煙突は追加煙突1本分の高さがあります。

前から見た状態

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
標準セット+三重煙突+追加煙突×4本

薪ストーブの煙突が空にむかって一直線に伸びています。

火の粉対策もバッチリ

     

三重煙突(M用・Φ63mm)
tent-Mark
tent-Mark

テンマク・薪ストーブについてよくある質問

Q

テンマク・ウッドストーブサイドヴューの『M』と『L』のサイズと重さは?

A

『M』の組立サイズは「570×526×2,400(高)mm」、収納サイズは「380×228×200(高)mm」、重さは「本体:9.7kg」、煙突径は「直径63mm」です。
『L』の組立サイズは「628×645×2,732(高)mm」、収納サイズは「460×278×240(高)mm」、重さは「本体:15.3kg」、煙突径は「直径89mm」です。

Q

テンマク・ウッドストーブサイドヴューの『M』と『L』の価格は?

A

ウッドストーブサイドヴューMサイズケース付き2点セットが「55,000円」(税込み)。
ウッドストーブサイドヴューLサイズケース付き2点セットが「69,300円」(税込み)。
2022年9月1日(木)から価格が改定されます。上記価格は改定後。

薪ストーブの煙突をテントから長めに出して火の粉対策

テンマクの薪ストーブ(ウッドストーブサイドヴュー・M)を『サーカスTC DX』にインストールしてみました。

  1. 標準セット
  2. 三重煙突
  3. 追加煙突×4本

でセッティングしたので煙突がかなりの長さに…。

  

   

『火の粉対策』のために煙突を長めに出す予定だったのでコレはコレでOKです。

(想像以上に長くなったので少しビックリしましたが…)

これだけ煙突を伸ばせば火の粉でテントに穴があくことはないでしょう。

  

薪ストーブの関連記事

   

三重煙突(M用・Φ63mm)
tent-Mark

   

ポイント
  • テントから出した煙突が短いと火の粉で穴があきます(火が消えないので)。
  • 煙突を長くすればテント(幕)まで距離があるので火の粉が自然と消えるはず。
  • 煙突は長めがおすすめです。

太さ5mmのガイロープでしっかり固定する

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ
【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ

煙突を長くした分だけ風の影響を受けやすくなるので頑丈なガイロープを使います。

極太5mmのガイロープで固定

   

   

オプションをいろいろ購入

【火の粉対策】薪ストーブをサーカスTC DXにセッティング|煙突は長めがおすすめ

テンマクの薪ストーブ(ウッドストーブサイドヴュー・M)の『オプション』と『追加アイテム』をいろいろ購入しました。

三重煙突(M用・Φ63mm)
tent-Mark
tent-Mark

   

関連記事