ゆるキャン△聖地のキャンプ場まとめ

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

    

サーカスTC DX・ソロキャンプのレイアウトをご紹介します。

  • ハイコット使用
  • インナーなし(フロアレス
  • DX専用フロントフラップ使用

   

ミニ蚊帳で夏キャンプの虫対策
  • 4,000円以下で買えて安かった(普通に使える)
  • 一人で寝るだけなら十分な広さがある(ミニ蚊帳として大活躍)
  • サーカスTC DXと相性が良い(三角形で吊るすタイプは設置後に無駄なスペースが少ない)

    

いつもソロキャンなので寒い冬は基本的に『サーカスTC DX』の中におこもりキャンプです。

焚き火は夕方に楽しんで、夜はテントに入って「アルパカストーブ」をつけてまったりお酒を飲んでいます。

(風が強いときは昼間からテントの中でダウンロードした『映画』や『アニメ』を見てビールを飲んでいることが多いです…)

   

『サーカスTC DX』は設営が簡単で広くて快適

これからも少しずついろいろなギアを試しながら『サーカスTC DX』を使っていきます。

    

\コットが余裕で置ける/

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DXは広いのでハイスタイルのコットを置いても余裕たっぷりです。

快適な寝心地で朝までグッスリ眠れます。

   

ポールを切断

   

\写真でイメージ/

こちらの記事では実際に感じたリアルな使用感をご紹介します。

TwitterやInstagramの画像をいっさい引用していません(「ページ分割」もしていないのでストレスフリーに読めます)。

   

サーカスTC DX

📝この記事を書いた人

キャンプ大好き。年間63泊以上キャンプに行っています!ギア選びコスパ優先。趣味は『ゆるキャン△聖地巡礼』。

跳ね上げポールを短くしてスタイリッシュに!

サーカスTCDXの跳ね上げポールを短くしたアレンジ張り
サーカスTCDXの跳ね上げポールを短くしたアレンジ張り
サーカスTCDXの跳ね上げポールを短くしたアレンジ張り
サーカスTCDXの跳ね上げポールを短くしたアレンジ張り

サーカスTC DXの跳ね上げポールを短くしたアレンジ張りです。

スタイリッシュでオシャレ

雰囲気がガラッとかわるのでよかったら試してみてください。

   

   

参考 FIELDOOR・アルミテントポールのレビュー記事を読む

サーカスTCDX|秋冬キャンプのレイアウト

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DX・秋冬キャンプのレイアウトです。

寒さ対策に『アルパカストーブ』を使っています。

  • 中央の少し前:アルパカストーブ(暖房)
  • 左側:テーブル・コンテナ(座る・収納)
  • 右側:コンテナ・ラック(収納)
  • 後ろ側:コット・シュラフ(寝る)

中央の少し前:アルパカストーブ(暖房)

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DX内の中央前よりの場所に『アルパカストーブ』を置いています。

イスに座っている位置と離れているので少し寒いです…(これから改善したい)。

  

参考 アルパカストーブの記事を読む

改善策・その①(2021/12/16追記)

キャンプグリーブの大型反射板・風防板(幅120cm×高さ60cm)をアルパカストーブに使う

キャンプグリーブの大型反射板・風防板(幅120cm×高さ60cm)をアルパカストーブの反射板として使ってみました。

テント内は風がないのでそのまま置くだけでOKです(ペグダウンしない)。

アルパカストーブ点火

キャンプグリーブの大型反射板・風防板(幅120cm×高さ60cm)をアルパカストーブに使う

アルパカストーブを点火します。

外は寒いけどテントの中は暖かい

キャンプグリーブの大型反射板・風防板(幅120cm×高さ60cm)をアルパカストーブに使う

しばらくするとテントの中がぽかぽか暖まってきます。

冬でもビールが美味しい

キャンプグリーブの大型反射板・風防板(幅120cm×高さ60cm)をアルパカストーブに使う

寒い冬にテントにこもって熱々の鍋を食べながらキンキンに冷えたビールを飲む。

最高に幸せです。

    

   

    

参考 キャンプグリーブ・大型反射板の記事を読む

改善策・その②(2022/01/06追記)

冬キャンプで使うアルパカストーブ用の『ストーブファン』を買いました。

見た目がオシャレで可愛らしいです。

   

アルパカストーブは上が暖かくなって足元が寒い…。

ストーブファンを使えば対流式ストーブのデメリットを解消してくれます(暖かい風が前にくる)。

   

\クルクルまわる/

テント内全体を暖かくしたい」と考えてストーブファンの購入を決めました。

大型反射板だけだと力不足だったので…)

アルパカ+反射板+ストーブファンは最高。

   

    

参考 ストーブファンの記事を読む

『自動首振り扇風機』をサーキュレーター代わりに使う

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

ポールに『首振り扇風機』をつけて、サーキュレーター代わりに使って空気を循環させています。

クリップ式で簡単に固定できて便利。

   

    

\アルパカ&自動首振り扇風機/

左側:テーブル・コンテナ(座る・収納)

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DXの左側に『テーブル』と『コンテナ』を置いています。

ハイランダーの『ウッドロールトップテーブル(幅90cm)』がぴったり入りました。

   

大きめのテーブルで広々と使えるので食事をするときも楽チンです。

「おこもりキャンプ」がとっても快適になりました。

   

右側:コンテナ・ラック(収納)

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DXの右側には『頑丈収納ボックス(無印良品)』と『木製ラック(ニトリ)』を置いています。

基本的に物置きスペースとして使用。

   

テントに出入りするときはこちらの右側を通ります。

かなり荷物が多いですが…、ソロキャンプなので広くて快適です。

   

うしろ側:ハイコット・シュラフ(寝る)

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DXのうしろ側には『ハイコット』を置いて寝るスペースにしています。

冬キャンプではシュラフを二重にして防寒対策。

    

ハイコットの下のスペースを有効活用
【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる
  • ハイコットの下に荷物を置いています
  • 防寒対策にもなって一石二鳥(地面からの冷気を防ぐ)。
  • テント内のスペースを広く使えます。

サーカスTC DXの中にテーブルを置く

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる
【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DXの中にハイランダーの『ウッドロールトップテーブル』(幅90cm)を置いてみました。

  • 美味しい料理を食べたり
  • 好きなお酒を飲んだり
  • 映画や動画を見たり

しながらまったりと自分だけの時間をすごせます(おこもりキャンプ最高)。

   

アルパカストーブを真ん中に置く

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

アルパカストーブをサーカスTC DXの真ん中に置いてみました。

ストーブの上で『おでん』を煮込む

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

アルパカストーブの上で『おでん』をつくりました。

具材と出汁を入れて煮込むだけなので簡単です。

  

秋冬はアルパカストーブが大活躍

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる
【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

寒い秋冬キャンプではアルパカストーブが大活躍します。

薪ストーブよりお手軽に使えるところもポイントです。

   

上の写真はアルパカストーブの上にケトル(やかん)を置いてお湯を沸かして黒霧島のお湯割りを飲みました。

アルパカストーブは鍋料理を煮込んだりお湯を沸かしたりできるので便利です。

  

参考 アルパカストーブの記事を読む

フルクローズで『おこもりキャンプ』を楽しむ

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DXをフルクローズにすれば『おこもりキャンプ』が楽しめます。

『フロントフラップ』を装着しているのでスペースが広いです。

寒いときはやっぱり『おでん』

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

寒いときはやっぱり『おでん』が美味しいです。

簡単につくれるので秋冬キャンプではよくつくっています。

  

具材を自由にアレンジできるのも『おでん』の良いところ。

手羽元』を入れると良い出汁がでるのでおすすめです。

  

外は寒くてもテントの中は暖かい

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

外は寒くてもテントの中は暖かいです。

熱々のおでんや鍋調理を食べながらビールを飲むのが幸せ。

  

サーカスTCDX|春夏キャンプのレイアウト

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DX・春夏キャンプのレイアウトです。

秋冬キャンプと違って荷物が少なくてスッキリしています。

前後を開けて開放感たっぷり

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DXの前後を開けて開放感たっぷりです。

ハイスタイルのコットを置いても広々快適にすごせます。

  

夏キャンプの注意点

夏キャンプの注意点
  • 閉めて寝ると暑い…(蒸し暑い)
  • 虫対策を万全に(スカートの隙間から入ってくることも…)
  • メッシュインナーが別売り…(カンガルースタイルもおすすめ)

扇風機が大活躍

暑い夏キャンプでは扇風機が大活躍します。

「風があるかないか」で体感温度がまったく違うので必須ギアです。

  

\自動首振りで涼しい/

『Keynice』のUSB扇風機には「自動首振り機能」があります。

左右に50°の範囲で動くので便利です。

クリップ式でポールに固定できる

『Keynice』のUSB扇風機は「クリップ式」でポールに固定できます。

クリップを広げてはさむだけでOKです。

サーカスTC DXの太いメインポール(32mm)にも固定できました。

  

サーカスTC DXのポールにもOK

  

真夏の30℃超えのキャンプはツライ…

真夏の30℃超えのキャンプはツライです。

日陰にいないと熱中症で倒れてしまうことも…。

サーカスTC DXのサイドフラップを跳ね上げて日陰をつくって、その下ですごしています。

アイスコーヒーが美味しい

夏はキンキンに冷えた『アイスコーヒー』が美味しいです。

氷をたくさん入れて見た目を涼しげに。

サイドフラップを跳ね上げてタープ代わりに使う

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DXの特徴は『サイドフラップ』です。

通常の『サーカスTC』にはない『DX』だけの特別仕様。

   

ポールを2本使ってサイドフラップを跳ね上げると日差しをさえぎってくれます。

ソロキャンプならタープがなくても快適・楽チン

   

付属品のサブポールは1本しかないので、跳ね上げ用のポールは自分で用意します。

『フィールドア』のポールが直径32mmで太くて丈夫です。

4本連結で長さを細かく調整できます(最大280cm)。

  

サイドフラップを立ち上げて日陰でまったりすごす

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる
【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DXのサイドフラップを立ち上げて、その下にできる日陰でまったりすごします。

ソロキャンならイスとテーブルを置いても余裕です。

  • 日陰で涼しい
  • 開放感たっぷり

   

テーブルを置いて美味しい料理を食べながらビールを飲む

周囲に見える四季折々の景色を楽しむのもキャンプの醍醐味です。

  

サーカスTC DX専用『フロントフラップ』が便利

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる
【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DX専用フロントフラップがとっても便利です。

サイドフラップの下側スペースを有効活用できるのでかなり広く使えます。

    

\広々快適(動画①)/

  

\広々快適(動画②)/

フロントフラップ越しに見える景色も良い

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

窓付きフロントフラップの窓を開けると目の前にキレイな富士山が見えました。

サーカスTC DXの中から楽しむ富士山も格別です。

コンテナを使ってサーカスTC DX内を整理整頓

サーカスTC DX内の荷物をコンテナを使って整理整頓した様子をご紹介します。

  1. ビフォー:コンテナ不使用(ごちゃごちゃ…
  2. アフター:コンテナ使用(きれい

①荷物がそのまま置いてある(ビフォー)

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

サーカスTC DX内の荷物がゴチャゴチャとしています…。

コンテナを使わずにそのまま置いているので見た目が悪いです。

②コンテナを使ってキレイに並べる(アフター)

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

コンテナを使ってサーカスTC DX内の荷物を整理整頓した状態です。

  • 頑丈収納ボックス(無印良品)
  • 折り畳めるコンテナ(カインズ)
  • 取っ手が持ちやすいコンテナ(カインズ)

を使ってキレイに並べました。

   

無印良品のジュートマイバッグが使いやすい

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

無印良品の『ジュートマイバッグ』がとっても使いやすいです。

  • 安い(190円~290円)
  • 広い(10L~34Lも入る)
  • しっかり(丈夫でやぶれない)

    

大きなバッグには『毛布』『防寒ウェア(着替え)』を入れて(大きくてかさばる物を収納)、小さなバッグには『ランタン』『モバイルバッテリー』などの小物をまとめて入れています。

サイズは3種類

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

ジュートマイバッグのサイズは3種類あります。

サイズ耐荷重価格
B5縦27×横31×マチ16cm16.5kg190円
A4縦31.5×横36×マチ19cm20kg250円
A3縦36.5×横46×マチ22cm20kg290円

   

サーカスTC DXについてよくある質問

Q

サーカスTC DXの定価はいくらですか?

A

「43,780円」です(税込み)。
2022年リニューアル後の『サーカスTC DX+』(プラス)は「47,300円」です(税込み)。

Q

サーカスTC DXの入荷予定日はいつですか?

A

次の公式サイトの商品ページに入荷予定が記載されています。
サーカスTC DX(サンド)
サーカスTC DX(ダックグリーン)

サーカスTC DXのレイアウトは自由自在

【広い】サーカスTC DXのレイアウトをご紹介|アレンジ次第で快適キャンプが楽しめる

『サーカスTC DX』のレイアウトは自由自在です。

  • ソロキャンでも
  • デュオキャンでも
  • ファミキャンでも

自分だけのスタイルが楽しめる万能テント。

   

冬キャンプの薪ストーブ・レイアウト

冬キャンプの薪ストーブを使ったレイアウトは難しいです…。

  • 薪ストーブをテントの中心に置くか
  • 薪ストーブをテントの壁側に置くか

によって『ギアを置けるスペース』や『テント内の暖房効率』が違ってきます。

   

参考 薪ストーブのテント内レイアウトの記事を読む

32mmのセンターポールに使えるランタンハンガー

【100均】ダイソーのランタンハンガーはサーカスTCに使える(32mmのポールに対応)
サーカスTC DXのセンターポール

参考 ダイソーで買えるランタンハンガーの記事を読む

スカートが浮くときの対策方法

参考 サーカスTC DXのスカートが浮くときの対策方法の記事を読む

雨に濡れたサーカスTC DXを布団圧縮袋に入れる

参考 ダイソーの圧縮袋の記事を読む

サーカスTC DX関係のおすすめ記事

   

厳選 買ってよかったキャンプ用品

キャンプギアをブランドで探す

VENTLAX テンマクデザイン キャプテンスタッグ ユニフレーム 村の鍛冶屋 スノーピーク SOTO トランギア ロゴス ハイランダー FIELDOOR Tokyo Camp WAQ FUTURE FOX YOLER YOGOTO

ダイソー セリア ニトリ ワークマン 無印良品 カインズ

関連記事