ゆるキャン△聖地のキャンプ場まとめ

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用は丈夫なPE透明糸入りシートがおすすめ

メリット
  • 頑丈でしっかり(テント内が快適)
  • 価格がそれなりに安い(純正品よりお買い得)
  • ペラペラのブルーシートより使える(便利なシート)
デメリット
  • 少しゴワゴワしていて畳みにくい…(やや硬め)
  • 収納サイズがやや大きめ…(ペッタンコにならない)
  • 実寸サイズが表記サイズより小さい…(折って使っているので問題ない)

    

テントのグランドシート(グラウンドシート)は純正のメーカー品を買うとかなり高いです。

市販の『ブルーシート』は薄くてペラペラしているので使い勝手はイマイチ…。

  

グラウンドシートの代用品はユタカメイクの『PE透明糸入りシート』がおすすめです。

同じ会社で販売している「ODグリーンシート」よりも丈夫でしっかりしています。

  

\写真でイメージ/

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う
【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

こちらの記事では実際に感じたリアルな使用感をご紹介します。

TwitterやInstagramの画像をいっさい引用していません(「ページ分割」もしていないのでストレスフリーに読めます)。

   

サーカスTC DX

📝この記事を書いた人

キャンプ大好き。年間63泊以上キャンプに行っています!ギア選びコスパ優先。趣味は『ゆるキャン△聖地巡礼』。

ユタカメイクのPE透明糸入りシートをグランドシートに使った感想

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う
【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

テントのグランドシートの代用品にユタカメイクの『PE透明糸入りシート』(1.8m×1.8m)を使った感想は次のとおりです(購入日は2020年10月)。

  • ペラペラ感がない丈夫なシート(砂利サイトでも快適)
  • 同じ会社の「グリーンシート」よりしっかり(硬めで頑丈な生地)
  • 高額な純正グランドシートを買うよりお買い得(かなり安上がり)

サイズは5種類ある

ユタカメイクの『PE透明糸入りシート』のサイズは5種類あります。

  1. 1.8m×1.8m
  2. 1.8m×2.7m
  3. 1.8m×3.6m
  4. 2.7m×2.7m
  5. 2.7m×3.6m

   

シルバーシートもおすすめ

安さを優先するならグリーンシート

グランドシートを使うときの注意点

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

テントの下にグランドシートを敷くときは大事な注意点があります。

テントからハミ出ないように敷く(重要)。

グラウンドシートがテントより大きいときは内側に折ってサイズを調整してください。

ハミ出ているとテントが濡れる?

テントの外にハミ出していると雨がふったときにテントの底が濡れます…。

理由は外にハミ出ているグランドシートを伝って雨がテントの下に入ってくるからです。

グランドシートが外にハミ出ていなければ雨は入ってきません。

【参考①】ワンポールテントの下に使用

テントのグランドシートの代用品にユタカメイクの『PE透明糸入りシート』(1.8m×1.8m)をキャンプ場で使った様子をご紹介します。

グラウンドシートは重ねて「二重」にするのがおすすめです。

広げた状態

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

最初にユタカメイクの『PE透明糸入りシート』(1.8m×1.8m)を広げた状態です。

頑丈でしっかりしているので一番下に敷きます。

二重にシートを敷く

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

グランドシートを「二重」にして敷いています。

砂利サイトでも足が痛くならず快適です。

インナーテントを設営

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

インナーテントを設営します。

グランドシートがハミ出ないようにセット。

ワンポールテントなので楽チンです。

アウターをかぶせて設営完了

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

アウターをかぶせれば設営完了。

Vidalidoの格安ワンポールテントはお手頃価格なのにしっかりしています。

ソロキャンプにおすすめのテント。

  

ワンポールテントはペグダウンしてポールを立てるだけで簡単に設営できるので、初心者にも使いやすいテント。

フライとインナーがあるので最初に買うテントとしては必要十分です。

  

   

参考 Vidalidoの格安ワンポールテントの記事を読む

【参考②】インナーテントの下に使用

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

サーカスTC DXの中に入れた『メッシュインナーテント』の下にグランドシートを敷いています。

グランドシートを敷く

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う
【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

最初に『グランドシート』を敷きます。

地面からの湿気でテントの底が濡れるのを防ぐために使用。

   

今回はユタカメイクの『PE透明糸入りシート』と『グリーンシート』を二重に敷きました。

価格が安くて丈夫です(おすすめ)。

取り付け完成

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う
【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

Kadahisのメッシュインナーテント(2人用蚊帳)の取り付けが完了しました。

コットを置いて寝るだけのスペースです。

    

これで夏の夜に蚊がプーンと飛んできてイラッとすることもありません。

フルメッシュで虫対策も完璧

   

参考 メッシュインナーテントの記事を読む

商品写真

ユタカメイクの『PE透明糸入りシート』(1.8m×1.8m)の商品写真です。

畳んだ状態

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

畳んだ状態のユタカメイクの『PE透明糸入りシート』(1.8m×1.8m)です。

2Lのペットボトルと大きさを比較

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

2Lのペットボトルを並べて大きさを比較してみました。

横から見た状態

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

横から見た畳んだ状態です。

硬めの生地でゴワゴワしているのでペッタンコにはなりません。

シートの表面を拡大

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

ユタカメイクの『PE透明糸入りシート』(1.8m×1.8m)のシート表面を拡大してみました。

PE透明糸入りシート

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

「PE透明糸入りシート」で白い網目状になっていますが、テントの下に敷くグランドシートに使うので見た目の問題はありません(外側から見えないので)。

ブルーシートよりかなり丈夫でしっかりしています。

キャンプ場で広げた状態

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

キャンプ場で広げた状態です。

テントより少し大きいので内側に折って使います。

   

(参考)純正品のグランドシート

参考にテントメーカーの純正グランドシートです。

(純正品ですがそのまま使うと大きいので少し折って使っています…)

収納ケースに入っている状態

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

純正品なので『ロゴ入り収納ケース』に入っています。

2Lのペットボトルと大きさを比較

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

2Lのペットボトルを並べて大きさを比較してみました。

袋から出した状態

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

袋から出した状態です。

横から見た状態

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

薄手の生地なのでキレイに折り畳むことができます。

シートの表面を拡大

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う
【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

ブルーシートと同じような生地です。

薄くてペラペラ…。

キャンプ場で広げた状態

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

キャンプ場で広げた状態です。

テントより少し大きいので内側に折っています。

❌デメリット

ユタカメイクの『PE透明糸入りシート』(1.8m×1.8m)のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 少しゴワゴワしていて畳みにくい…(やや硬め)
  • 収納サイズがやや大きめ…(ペッタンコにならない)
  • 実寸サイズが表記サイズより小さい…(折って使っているので問題ない)

\コスパ優秀なスグレモノ/

⭕️メリット

ユタカメイクの『PE透明糸入りシート』(1.8m×1.8m)のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 頑丈でしっかり(テント内が快適)
  • 価格がそれなりに安い(純正品よりお買い得)
  • ペラペラのブルーシートより使える(便利なシート)

お店ごとに探せて便利

\ ギア・サーチ /

サイズ・材質・厚みなどの仕様

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

ユタカメイクの『PE透明糸入りシート』(1.8m×1.8m)のサイズ・材質・厚みなどの仕様は次のとおりです。

PE透明糸入りシート
サイズ1.8m×1.8m
実寸サイズ1.71m×1.71m
材質ポリエチレン・ポリプロピレン
厚み約0.22mm
ハトメプラスチックハトメ使用
ハトメピッチ:90cm
品番B-308

高い純正グラウンドシートより安いシートが便利

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う
【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う
【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

テントのグランドシートの代用品はユタカメイクの『PE透明糸入りシート』がおすすめです。

  • ペラペラ感がない丈夫なシート(砂利サイトでも快適)
  • 同じ会社の「グリーンシート」よりしっかり(硬めで頑丈な生地)
  • 高額な純正グランドシートを買うよりお買い得(かなり安上がり)

    

安いシートでも問題なく普通に使えます。

グランドシートを「二重」にすると快適になるのでよかったら試してみてください(全然違います)。

   

Vidalidoの格安ワンポールテント

【安い】テントのグランドシートを自作する|代用品に丈夫なPE透明糸入りシートを使う

Vidalidoの格安ワンポールテントはお手頃価格なのにしっかりしています。

アレンジできる『前室』が便利です。

ソロキャンプにおすすめのテント。

  

ワンポールテントはペグダウンしてポールを立てるだけで簡単に設営できるので、初心者にも使いやすいテント。

フライとインナーがあるので最初に買うテントとしては必要十分です。

  

   

参考 Vidalidoの格安ワンポールテントの記事を読む

   

厳選 買ってよかったキャンプ用品

キャンプギアをブランドで探す

VENTLAX テンマクデザイン キャプテンスタッグ ユニフレーム 村の鍛冶屋 スノーピーク SOTO トランギア ロゴス ハイランダー FIELDOOR Tokyo Camp WAQ FUTURE FOX YOLER YOGOTO

ダイソー セリア ニトリ ワークマン 無印良品 カインズ

関連記事