ゆるキャン△聖地のキャンプ場まとめ

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

   

テンマクデザインの『ウッドストーブサイドヴュー・M』で追加購入したオプション品は次のとおりです。

    

サーカスTCDX × 薪ストーブ

\メリット・デメリット紹介/

テント中心に薪ストーブを置く

メリット
  • 煙突の熱を有効利用できて暖かい(幕内にある煙突が長いので)
  • 薪ストーブの横窓を見やすい(左右の窓から見える炎が美しい)
  • 外から見たときの見た目がカッコいい(煙突が中央から出てシュッとしてる)
デメリット
  • 薪ストーブ奥側のスペースを使いにくい…(デッドスペースができやすい)
  • コットを置くにくい…(真ん中に薪ストーブがあるので)
  • うっかり煙突をさわってしまうリスクが高い…(酔っ払っているときは要注意)

テント壁側に薪ストーブを置く

【冬キャンプ】薪ストーブのテント内レイアウトをブログでご紹介
メリット
  • レイアウトの自由度が高い(デッドスペースが少ない)
  • コットを置きやすい(デュオキャンにも対応できる)
  • うっかり煙突をさわってしまうリスクが低い(幕内を移動するときにジャマにならない
デメリット
  • 煙突の熱を有効利用しにくい…(幕内にある煙突が短いので)
  • 薪ストーブの横窓を見にくい…(角度を調整する必要あり)
  • 外から見たときの見た目がイマイチ…(バランスが悪くていびつ)

薪はしっかり乾燥させてある『広葉樹』がおすすめです。
乾燥が不十分な薪は爆ぜやすいのでNG)

   

\薪ストーブ or 石油ストーブ/

  • 薪ストーブは準備と片付けがめっちゃ面倒くさいです…。
  • (上級者向けのギアなので初心者にはおすすめしません)
  • 冬キャンの暖房器具で使うなら石油ストーブがおすすめ

※車に積めるなら家で使っている石油ストーブ(例えばCORONAの長方形のストーブとか)をキャンプ場に持っていくのも1つ(くれぐれも幕内の火器使用は自己責任で)。

   

\写真でイメージ/

画像をクリックすると記事内の説明部分にジャンプします。

画像タップで記事内の説明部分にジャンプ

    

煙突を固定する長めのガイロープ

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

20メートルのガイロープを切って『3本』にして使います。

1本あたり「6.7メートル」でカットする予定が、うっかり間違えて「5.7メートル」で切ってしまいました…。

   

注意点
  • テント内での火器使用はメーカー推奨行為ではありません(原則禁止)。
  • こまめな換気を心がけてください。
  • 適正温度(200℃~350℃)での使用が望ましいです(煙突が赤い状態は温度が高すぎる)。

    

三重煙突(M用)
tent-Mark
tent-Mark
Abma Cord
SK11(エスケー11)
SK11(エスケー11)
tent-Mark

   

薪ストーブの関連記事

サーカスTC DX

📝この記事を書いた人

キャンプ大好き。年間63泊以上キャンプに行っています!ギア選びコスパ優先。趣味は『ゆるキャン△聖地巡礼』。

三重煙突(M用・Φ63mm)

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

テンマクデザインのウッドストーブ・M用 (Φ63mm)『三重煙突』です。

テントから煙突を出すところに使います。

『三重煙突』or『プロテクター』

三重煙突(M用・Φ63mm)
tent-Mark

『三重煙突』にするか『プロテクター』にするか悩みましたが、自分なりに調べた結果『三重煙突』を選択しました。

    

表面温度について(プロテクターとの比較)

※「ウッドストーブSML兼用オプションプロテクター」が一般的に表面温度は低くなります。

テンマクデザイン

テンマク公式サイトでは、『プロテクター』の方が『三重煙突』より「表面温度」が低くなると説明されています。

『プロテクター』のメリット・デメリット

プロテクターのメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット
  • 高さを自由に調整できる(ネジで固定するだけ)
  • 軽い
デメリット
  • ネジが熱くなる
  • 煙突の高さは稼げない(煙突の周囲をカバーするだけ)

『三重煙突』のメリット・デメリット

三重煙突のメリット・デメリットは次のとおりです。

メリット
  • 簡単に使える(煙突に差し込むだけ)
  • 煙突1本分長さが伸びる(高さを稼げる)
  • 風や雨が入りにくい
デメリット
  • 高さの調整が難しい(煙突ショートが便利)
  • ストーブを自由に設置しにくい(煙突を出す位置が限定されるので)
  • 重い

実際の使用例

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

三重煙突の上を拡大

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

三重煙突の上部には『空気出口』の穴が大きく開いています。

この部分は高温になるので注意が必要です。

三重煙突の下を拡大(ロゴ入り)

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

三重煙突に下部にはロゴがプリントされています。

三重煙突の内側の構造

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

三重煙突の名前のとおり内部は『三重』になっています。

煙突が三重になっている様子を拡大

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

煙突の下側から見ると『三重構造』がよくわかります。

(参考)三重煙突の温度を確認する

【冬キャンプ】薪ストーブは練習が必要|最初はテントの外で使って慣れるのが良い

薪ストーブをテント内で使うときに重要なことは「煙突の熱でファスナーや幕(テントの生地)へダメージがないかどうか」です。

最悪のケースは溶けます…(焦げます)

実際に温度を測定した結果

【冬キャンプ】薪ストーブは練習が必要|最初はテントの外で使って慣れるのが良い

薪ストーブを燃やしているときの三重煙突の底部(下側)の温度は『29.5℃~35.8℃』でした。

軍手を装着した手でさわって温かく感じるくらい

『30℃~40℃』くらいならテントのファスナーは溶けにくい

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

三重煙突の温度が『30℃~40℃』くらいならテントのファスナーは溶けにくいと思います。

薪をガンガン入れないで適度にストーブを燃やしていれば大丈夫そうです。

ファスナーが必ず溶けないことを保証するものではありません。

三重煙突は上と下で温度が全然違う

【冬キャンプ】薪ストーブは練習が必要|最初はテントの外で使って慣れるのが良い

三重煙突は『上』と『下』で温度が全然違います

煙突の温度
(薪をガンガン多めで燃やしたとき)
上側
(空気出口)
174.9℃
下側
(底部)
35.8℃

   

三重煙突を使うときは上側の『空気出口部分』をしっかりテントの外に出してください。

テント内での薪ストーブ使用は自己責任で。

(注意)三重煙突の下の煙突はめっちゃ熱い

【検証】冬キャンプで使う薪ストーブの煙突温度は?上がりすぎに注意

三重煙突のすぐ下の煙突はめっちゃ熱いです。

煙突がむき出しになっているので当然かなりの高温になります。

煙突の温度
(薪をガンガン多めで燃やしたとき)
三重煙突のすぐ下の煙突143.4℃

   

煙突温度が100℃をこえているので、うっかり素手でさわったら大怪我をするので要注意…。  

『普通の煙突』と『三重煙突』は構造的に全然違います。

  • 通常の煙突:そのままむき出し
  • 三重煙突:三重構造

三重煙突は外側の温度が下がるように設計されているので、通常の煙突とは根本的に異なります。

三重煙突のすぐ下の煙突にテントのファスナーや生地がふれると溶ける(焦げる)危険性があります。

   

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

位置をしっかり調整することが重要

テント内で薪ストーブを使うときは十分に気をつけてください。

くれぐれもテント内での薪ストーブ使用は自己責任で。

  

三重煙突(M用・Φ63mm)
tent-Mark

   

参考 【検証】薪ストーブ燃焼時の煙突・三重煙突の温度は?

煙突(M用・Φ63mm)

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

テンマクデザインのウッドストーブ・M用 (Φ63mm)『煙突』です。

実際の使用例

サーカスTC DXに入れて使うときは『標準セット』の煙突の本数だと足りません

少なくても『2本』は追加で購入するのがおすすめです。

   

煙突ショート(M用・Φ63mm)

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

テンマクデザインのウッドストーブ・M用 (Φ63mm)『煙突ショート』です。

  

実際の使用例

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ
【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ
【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

『煙突ショート』を使うと三重煙突を出す位置を細かく調整できます。

通常の煙突とサイズを比較

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

レギュラーサイズの煙突とショートサイズの煙突を並べて比較してみました。

煙突ショートは約半分の長さ

  

ステンレスブラシ(M用)

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

テンマクデザインのウッドストーブ・M専用『ステンレスブラシ M』(ステンレス柄)です。

   

ブラシの持ち手(指にフィットして持ちやすい)

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

ブラシの持ち手が指にフィットするように加工されています。

全体がスレンレス製で見た目がオシャレ

ブラシの持ち手(ロゴ入り)

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

ブラシの持ち手の裏側には『ロゴ』が刻まれています。

さりげないカッコよさです。

ブラシを煙突に入れた様子

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

煙突にブラシを入れてみます。

専用サイズでジャストフィット

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

煙突(M)専用のブラシなので当たり前ですがジャストサイズでぴったり。

上下に動かすと煤がよく落ちる(掃除しやすい)

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

ブラシを入れるときにやや窮屈な感じがありますが、ゴシゴシと前後にこすると煤(すす)がよく落ちます

   

ガイロープ(太さ5mm・長さ20メートル)

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

『20メートル』のガイロープを買って3本にカットします。

太さ5mmで強風に耐える強度

  

テントの外に出した薪ストーブの『煙突』を固定するために使います(1本あたり約6.7メートル)。

煙突を高くするので長めのガイロープを用意しました。

   

【失敗】1メートル短い5.7メートルで切ってしまった…

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

1メートル短い『5.7メートル』で切ってしまいました…(2本)。

間違えた理由は「1メートルずつ折り返して長さを測っていた」ところ最後の1回分をカウントミスしたからです。

(『6.7メートル』だと思っていたら『5.7メートル』でした…)

実際の使用例

薪ストーブの煙突の一番上(スパークアレスター)のフックにガイロープをひっかけて固定した様子です。

5mmのガイロープは太くて頑丈

ガイロープを拡大

1本のガイロープを拡大してみました。

最初の想定より1メートル短い『5.7m』で切っていますが、実際に使ってみたら長さが余りました

5メートルあれば多分大丈夫

新品の状態(箱入り)

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

新品の状態です。

小さな箱に入っています。

箱から出した状態

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

箱から出した状態です。

  • ガイロープ(20メートル)
  • 自在金具 × 6個

20メートルのガイロープ(イエロー)

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

20メートルのガイロープです。

色はカラフルで目立つ『イエロー』にしました。

ガイロープの表面を拡大

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

ガイロープの表面を拡大してみました。

反射材入り

   

ガイロープには『1.5mm幅の反射材』が編み込まれています。

夜にライトをあてると反射してロープがわかりやすいです。

太さはメーカー表記で『5mm』

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

ガイロープの太さはメーカー表記で『5mm』です。

太くてしっかり(頑丈)

付属品の自在金具

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

付属品の自在金具です(6個)。

厚みがあってつくりがしっかりしています。

ガイロープを切断する

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

ガイロープをハサミで切った状態です。

切断面がほつれているのでこのままの状態では使えません。

『焼き止め』して先端を固める

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

切断したガイロープ先端をライターであぶって『焼き止め』します。

自在金具をとおして完成

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

3本に切ったガイロープに『自在金具』をとおして完成です。

6.7メートルのガイロープ3本

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

『6.7メートル』のガイロープが3本できました。

価格は20メートルのガイロープが『1,499円』だったのでまずまず安かったです(自在金具もセット)。

   

うっかり失敗…

1メートル短い『5.7メートル』で切ってしまいました…(2本)。

間違えた理由は「1メートルずつ折り返して長さを測っていた」ところ最後の1回分をカウントミスしたからです。

(『6.7メートル』だと思っていたら『5.7メートル』でした…)

   

カラナビ

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

カラナビは煙突を固定するときに使います。

脱着が簡単(スムーズ)

  

3本のガイロープ先端にカラナビをつけて『煙突』(一番上にあるスパークアレスター)のフックにひっかけます。

毎回ガイロープを結んだり、ほどいたりする必要がないので楽チンです。

  

ガイロープにつける

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

ガイロープの先端に『カラナビ』をつけます。

カラナビのカラーバリエーションは何色かあるので好きな色を選んでください。

スパークアレスターのフックにつける

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

煙突の一番上につける『スパークアレスター』(火の粉が出るところ)にフックが3つあります。

スパークアレスターのフックを拡大

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

スパークアレスターのフックを拡大してみました。

細くてチープな感じです(風が強いときにやや不安…)。

フックにカラナビを装着

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

事前に準備しておいたカラナビ(ガイロープ)をひっかけて固定します。

フックにひっかけたカラナビを拡大

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

フックにひっかけて固定したカラナビを拡大してみました。

カラナビを使えばガイロープを毎回結んだりほどいたりする必要がないのでとっても楽チンです。

  

目次に戻る

ロックハンドクランプ

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

SK11の『ロックハンドクランプ』です。

煙突を外に出したテントのファスナー部分を固定スキマなくすするときに使います。

実際の使用例

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

ロッククランプを使うとファスナーより強力にガッチリ固定できます。

強風でファスナーがずれる心配がない

グリップを握るだけでロックできる

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ
【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

グリップを握ると自動的にロックがかかります(とっても便利)。

ロックを解除するにはシルバーの部分を押すだけでOK。

先端のはさむ部分を拡大

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

ロッククランプの先端部分を拡大しました。

ギザギザになっているのでテントの生地をしっかりはさんで固定してくれます。

手に持ったサイズ感

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

コンパクトで持ち運びしやすいです。

   

  

目次に戻る

専用ケース

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

専用ケースが大容量でたっぷり収納できます。

ストーブ本体の上に煙突を2本入れる

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

薪ストーブ本体の上にもスペースがあるので煙突が2本入ります。

ストーブ本体の手前側に煙突を3本入れる

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

専用ケースは大きめのサイズで薪ストーブ本体の手前側にも煙突が3本入ります。

ケースの上にストラップあり

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

専用ケースの上側には『ストラップ』があります。

  • 三重煙突
  • プロテクター

を固定するときに使えて便利です。

三重煙突を固定する

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

実際に『三重煙突』をストラップで固定してみました。

左右に2本あるのでしっかりガチッととまります。

大容量でたっぷり入る専用ケース

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

左右にも大きなポケットが2つあるので想像以上に収納力があります。

専用ケースなので『ストーブ本体』や『煙突』がしっかり入って便利です。

   

テンマク・薪ストーブについてよくある質問

Q

テンマク・ウッドストーブサイドヴューの『M』と『L』のサイズと重さは?

A

『M』の組立サイズは「570×526×2,400(高)mm」、収納サイズは「380×228×200(高)mm」、重さは「本体:9.7kg」、煙突径は「直径63mm」です。
『L』の組立サイズは「628×645×2,732(高)mm」、収納サイズは「460×278×240(高)mm」、重さは「本体:15.3kg」、煙突径は「直径89mm」です。

Q

テンマク・ウッドストーブサイドヴューの『M』と『L』の価格は?

A

ウッドストーブサイドヴューMサイズケース付き2点セットが「55,000円」(税込み)。
ウッドストーブサイドヴューLサイズケース付き2点セットが「69,300円」(税込み)。
2022年9月1日(木)から価格が改定されます。上記価格は改定後。

目次に戻る

テンマクの薪ストーブはオプションが充実

【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ
【便利】テンマク・薪ストーブで追加購入したオプションは?おすすめは三重煙突・煙突ショート・ブラシ

テンマクの薪ストーブはオプションが充実しています。

※『専用ケース』はセット販売で最初からあり。

   

オプションの煙突を購入すれば(ショートが便利)の長さを細かく調整できます。

掃除するブラシも専用設計なのでジャストサイズで使いやすいです。

   

薪ストーブの関連記事

   

\写真でイメージ/

画像をクリックすると記事内の説明部分にジャンプします。

画像タップで記事内の説明部分にジャンプ

    

注意点
  • テント内での火器使用はメーカー推奨行為ではありません(原則禁止)。
  • こまめな換気を心がけてください。
  • 適正温度(200℃~350℃)での使用が望ましいです(煙突が赤い状態は温度が高すぎる)。

    

三重煙突(M用)
tent-Mark
tent-Mark
Abma Cord
SK11(エスケー11)
SK11(エスケー11)
tent-Mark

関連記事