ゆるキャン△聖地のキャンプ場まとめ

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

   

popluxyのミニサイズ(30×30cm)『スパッタシート』(焚き火シート)をAmazonで購入しました。

お手頃価格の『699円

※価格は2022年3月時点のもの。

   

ファスナーが熱で溶けるのを防ぐ

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

テントのファスナーが薪ストーブの煙突の熱で溶けるのを防止するために使います。

100円ショップで売っている『小さな焚き火シート』はペラッペラで薄いので正直おすすめできません。

(本当に極薄です…)

   

注意点
  • テント内での火器使用はメーカー推奨行為ではありません(原則禁止)。
  • こまめな換気を心がけてください。
  • 適正温度(200℃~350℃)での使用が望ましいです(煙突が赤い状態は温度が高すぎる)。

    

薪ストーブの関連記事

サーカスTC DX

📝この記事を書いた人

キャンプ大好き。年間63泊以上キャンプに行っています!ギア選びコスパ優先。趣味は『ゆるキャン△聖地巡礼』。

ミニサイズのスパッタシートをファスナー保護に使った感想

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

popluxyのスパッタシート(焚き火シート)をファスナー保護に使った感想は次のとおりです(購入日は2022年3月)。

  • 厚みがあって丈夫(100均のペラペラ焚き火シートとは全然違う)
  • サイズがちょうどいい(30×30cmでファスナーを保護できる)
  • 縫製がしっかりしている(折って使ってもほつれにくい)

   

⛺️キャンプ場で使った様子

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

popluxyのスパッタシート(焚き火シート)でサーカスTC DXのファスナーを保護した様子をご紹介します。

ファスナーが煙突の熱で溶けるのを防止する

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

薪ストーブを使うと煙突の熱でファスナーが溶けてしまうことがあります…。

修理費用は高額

クリップで上下2か所を固定する

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

ファスナーの上にスパッタシート(焚き火シート)を折り畳んで重ねます

クリップで上下2か所を固定すれば準備完了。

上部分を拡大

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

スパッタシートで保護したファスナーの上部分を拡大しました。

下部分を拡大

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

スパッタシートで保護したファスナーの下部分を拡大しました。

左右のファスナーを保護した状態

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

サーカスTC DXの左右のファスナーをスパッタシートで保護した状態です。

30×30cmがちょうどいいサイズ感

   

注意点
  • 右側の上部分のクリップが壊れたので固定できていません…。
  • クリップはいくつか予備があった方が安心です。

テント外側から見た状態

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する
【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

テントの外側から見た状態です。

三重煙突にふれる部分のファスナーだけしっかり保護できています。

商品写真

新品の状態

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

ミニサイズ(30×30cm)の『スパッタシート』(焚き火シート)です。

左右のファスナーを保護するために2つ購入しました。

袋から出した状態(オモテ側)

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

袋から出した状態です。

生地の表面を拡大

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

スパッタシートの表面を拡大してみました。

厚手の生地でしっかり

ウラ側

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

裏側です。

縫製がしっかり

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

スパッタシートの裏側を拡大してみました。

縫製がしっかり(頑丈)

    

生地を折り返した部分がきちんと縫われています。

これなら使っているうちにほつれてくることもなさそうです。

30×30cmのサイズ感(500mlのペットボトルと比較)

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

ミニサイズ(30×30cm)のサイズ感がわかるように500mlのペットボトルと大きさを比較してみました。

30×30cmのサイズ感(手のひらと比較)

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

ミニサイズ(30×30cm)のサイズ感がわかるように自分の手のひらと大きさを比較してみました。

  

テントのファスナーが溶けたときの修理費用は高額…

【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する
【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する
【簡単な対策】薪ストーブ・煙突の熱でテントのファスナーが溶けるのを防止する

ミニサイズ(30×30cm)の『スパッタシート』(焚き火シート)を使ってテントのファスナーが薪ストーブの煙突の熱で溶けるのを防止します。

  • 厚みがあって丈夫(100均のペラペラ焚き火シートとは全然違う)
  • サイズがちょうどいい(30×30cmでファスナーを保護できる)
  • 縫製がしっかりしている(折って使ってもほつれにくい)

   

テントのファスナーが溶けたときの修理費用は高額です…。

事前にできる対策をしっかりしておきましょう。 

100円ショップで売っている『小さな焚き火シート』はペラッペラで薄いので正直おすすめできません。

(本当に極薄です…)

     

   

薪ストーブの関連記事

関連記事