ホットサンドメーカー絶品おつまみ

【簡単・絶品】燻製卵(くんたま)を自分で作る【ビールと相性抜群】

 

燻製の定番といえば『ゆで卵』です。

いつも食べる『ゆで卵』をスモークすることで、味わいに深みが出て100倍美味しくなります。

    

最初に燻製した「ゆで卵」の『ビフォー・アフター』をご紹介します。

燻製する前のゆで卵
燻製した後のゆで卵

 

スモークした『ゆで卵』を食べると、燻製の香りが口の中から鼻にフワッと抜けていきます

この香りが最高です。

 

僕はしばらくスモークの香りの余韻(よいん)を楽しんでいます。

いつもビールを飲んでいるので、まったりしながらも贅沢な時間をすごしています。

ビールのつまみに最高に合う

  

\Amazonで売れ行き好調/

サーカスTC DX

サーカスTC DX
サーカスTC DX
サーカスTC DX

📝この記事を書いた人

毎週キャンプに行っているソロキャンパーです!ギア選びコスパ優先。好きな言葉は『完ソロ』⛺️

つくる流れ(調理時間)

ゆで卵のスモーク(燻製)をつくるざっくりした流れ(調理時間)は次のとおりです。 

ざっくり言うと
  • 燻製器を準備する
  • ゆで卵を10分燻す(いぶす)
  • 火を消して10分そのまま放置する

燻製器でゆで卵をスモークする(写真多め)

\ 写真で流れを確認 /

  1. STEP

    固形燃料をセットする

    燻製をする前の準備(固形燃料をセットする)

    最初に『固形燃料』をセットします。

    上の写真の固形燃料は100円ショップのダイソーで買ったものです。

    固形燃料はセリアでも売っています。

      

    3個入りで100円

    燻製に使う固形燃料

       

  2. STEP

    受け皿をセットする

    燻製をする前の準備(受け皿をセットする)

    受け皿』をセットします。

    中央にスモークチップを入れる『くぼみ』があります。

     

  3. STEP

    燻製チップを入れる

    燻製をする前の準備(受け皿をセットする)

    受け皿の中央にある「くぼみ」に『燻製チップ』を入れます。

    燻製チップはAmazonで買った『燻製器』に最初からついていました。

    お試し用の燻製チップ

    お試し用の燻製チップ、固形燃料置き、火消しふた

    上の写真の燻製チップは『30g』入っています。

    スモークチップは『100円ショップのダイソー』でも売っていました。

    ダイソーで買った燻製チップ

    100円ショップのダイソーで買ったスモークチップ(サクラ)

    100円で50g入りのスモークチップです。

    大きいサイズのスモークチップの方が安いですが、色々な燻製チップ(木の種類)を試してみたいのであえて少量サイズを選びました。

    自分の好きなスモークチップが決まっているなら大きいサイズを買った方がお得です。

     

  4. STEP

    調理皿をのせる

    燻製をする前の準備(調理皿をセットする)

    調理皿』をのせます。

    白い調理皿の上に燻製にする食材を並べれば準備OKです。

     

  5. STEP

    ゆで卵を並べる

    燻製をする前の準備(調理皿にゆで卵を並べる)

    調理皿の上に『ゆで卵』を並べます。

    調理皿が小さいので3個くらいが限界です。

    準備ができたのでこのあとスモーク(燻製)していきます。

     

  6. STEP

    スモークして5分経過(煙が出てきた)

    燻製器でゆで卵をスモークしている様子
    燻製器でゆで卵をスモークしている様子

    固形燃料に火をつけてスモークしてから『5分経過』。

    • 煙が出てくる
    • ガラスのフタに水滴がつく

    ゆで卵にほんの少しだけ色がつきました。

      

  7. STEP

    スモークして10分経過(このあと火を消して10分放置する)

    燻製器でゆで卵をスモークしている様子
    燻製器でゆで卵をスモークしている様子

    スモークしてから『10分経過』しました。

    スモークはこれでOKです。

    このあと火を消してそのまま放置します(ガラスのフタはそのまま)。

      

  8. STEP

    火を消して5分経過(まだ半分)

    燻製器でゆで卵をスモークしている様子
    燻製器でゆで卵をスモークしている様子

    火を消してから『5分経過』。

    • 煙が充満している
    • ゆで卵に色がついてくる

    少しずつゆで卵が燻製っぽくなってきました。

    茶色くなってきて美味しそうです。

      

  9. STEP

    火を消して10分経過(完成)

    燻製器でゆで卵をスモークしている様子
    燻製器でゆで卵をスモークしている様子

    火を消してから『10分経過』しました。

    これで完成です。

      

  10. STEP

    ガラスのフタをとる(完成)

    燻製器でスモークした後のゆで卵
    燻製器でスモークした後のゆで卵

    良い感じでスモークしたゆで卵ができました。

    • 見た目が激変
    • スモーキーで美味しそう
    • 早く食べたい

    燻製する前の『つるつる真っ白』とは全然違う姿になっています。

    最初はこんなに純白でした。↓↓

    燻製器でスモークする前のゆで卵

    簡単に燻製ができて楽しいです。

    『固形燃料』を使うので、どこでも簡単に燻製ができます。

       

\Amazonで売れ行き好調/

完成・実食(激ウマ)

燻製器でスモークしたゆで卵をお皿に盛り付けた
燻製器でスモークしたゆで卵をお皿に盛り付けた

スモークした『ゆで卵』は、いつも食べる『ゆで卵』とは全然違います。

最大の特徴は「香り」です。

 

スモークした『ゆで卵』を食べると、燻製の香りが口の中から鼻にフワッと抜けていきます

この香りが最高です。

 

僕はしばらくスモークの香りの余韻(よいん)を楽しんでいます。

いつもビールを飲んでいるので、まったりしながらも贅沢な時間をすごしています。

  

おつまみに『燻製タマゴ』があると超うれしいです。

(いつも自分でつくっていますが…)

美しい燻製の色(味も最高に美味しい)

燻製器でスモークしたゆで卵をお皿に盛り付けた
燻製器でスモークしたゆで卵をお皿に盛り付けた
燻製器でスモークしたゆで卵をお皿に盛り付けた

見た目が美しいです。

  • 外側は茶色
  • 中は白と黄色

カラフルでスモーキーなゆで卵

 

いつも食べる白い『ゆで卵』もツルッとしていてキレイですが、スモークすることで見た目がヤンチャになります。

日焼けサロンではありませんが、何となくワイルドな印象のタマゴです。

『くんたま』美味しい

燻製器でスモークしたゆで卵を半分に切った状態

『くんたま』美味しいです!

今日もビールのつまみにして食べます。

 

夜の『晩酌タイム』が至福の時間になりました(最高です)。

冷えたビールがゴクゴク飲めます。

僕が使っている燻製器(もくもくクイックスモーカーS)

 

メリット
  • コンパクトサイズ(手軽に燻製ができる)
  • 簡単で美味しい(おつまみにもOK)
  • 楽しい(丸いデザインが可愛い)
デメリット
  • 煙がそれなりに出る(換気扇の下 or 屋外使用が良い)
  • サイズが小さい(具材をたくさんおけない)
  • 固形燃料を使う(毎回面倒くさい)

  

ざっくり言うと
  • 最初の燻製器にピッタリ(入門用におすすめ)
  • 少量の燻製に最適(1人分~2人分)
  • コンパクトで持ち運びやすい(どこでも燻製が楽しめる)

  

\Amazonで売れ行き好調/

関連記事