ホットサンドメーカー絶品おつまみ

【2021】ワークマンの真空保冷缶ホルダーは夏キャンプの必需品|冷えたビールが美味しい🍺

メリット
  • 保冷効果バッチリ(1時間は余裕で冷たい)
  • 持ちやすい(手が冷たくならない)
  • フタを閉めると缶が落ちない(斜め下に向けても大丈夫)
デメリット
  • ちょっと重たい(ビールが空になっていてもわかりにくい)
  • すぐ売り切れる(ネットで高額転売される…)
  • ビールが美味しくてつい飲みすぎてしまう…

    

ワークマン(AEGIS)の『真空保冷缶ホルダー』は夏キャンプの必需品です。

  • 缶ビール
  • 缶ジュース

冷たいまま美味しくゴクゴク飲めます

  

\冷えたビールがおいしい/

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
桜を見ながら飲むビールは最高

実際に使ってみたところ、1時間後でもビールが冷えていて美味しかったです。

  

ワークマンの保冷缶ホルダーは、趣味のキャンプやアウトドアで大活躍しますが、もちろん自宅でも便利に使えます

結露(水滴)でビチャビチャに濡れることもありませんし、コースターを置く必要もありません。

テーブルや机の上がキレイなままなので、あとで掃除をしなくてもOK。

   

有名メーカー品の『保冷缶ホルダー』と比べると圧倒的に安いところもポイントです。

ワークマンならお手頃価格の780円

    

\写真でイメージ/

\ ワークマンの新作 /

   

\ ギア・サーチ /

ワークマンの真空保冷缶ホルダーを使った感想

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
一番搾りおいしい

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー』を使った感想は次のとおりです。

  • ずっと冷たく飲める(1時間は余裕で冷たい)
  • 結露対策にも使える(ビチャビチャにならない)
  • コースターが不要で使いやすい(水滴で濡れない)

商品写真(350ml)

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー(350ml専用)』の商品写真です。

販売時の状態(パッケージ入り)

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
開封する前の状態

開封した状態

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
開封した状態

上から見た状態

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
ゴムのフタがある

フタをはずした状態

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
フタはクルクル回してはずす

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める

手に持った感じ

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
手に持った感じ
ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
持ちやすい

真空保冷缶ホルダーの使い方(350ml)

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
使い方

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー(350ml)』の使い方(装着方法)はとっても簡単です。

\写真でイメージ/

  1. STEP

    350mlの缶ビールを用意する

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
    350mlのスーパードライ

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー・350ml専用は350mlの缶ジュースや缶ビール・チューハイに対応しています。

     

  2. STEP

    真空保冷缶ホルダーのフタをはずす

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
    保冷缶ホルダーのフタをはずす

    ワークマンの真空保冷缶ホルダーのフタをはずします

    フタをクルクルとまわすと簡単にはずれます。

       

  3. STEP

    350mlの缶ビールを中に入れる

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
    缶ビールを保冷缶ホルダーに入れる

    350mlの缶ビールを真空保冷缶ホルダーの中に入れます

    すっぽりと入ります。

      

  4. STEP

    真空保冷缶ホルダーのフタを閉める

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
    フタを閉めて完成

    最後に真空保冷缶ホルダーのフタを閉めます

    これでOKです。

      

  5. STEP

    ビール美味しい

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
    スーパードライ美味しい

    キンキンに冷えているビールは最高に美味しいです。

      

  6. STEP

    斜めにしても缶は落ちない(中身は出ます…)

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める

    保冷缶ホルダーのフタをしっかり閉めておけば、斜めにしても缶ビールが落ちません

    (もちろん中身は出ます…)

      

  7. STEP

    垂直にしても缶は落ちない(中身は出ます…)

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める

    保冷缶ホルダーのフタをしっかり閉めておけば、垂直にしても缶ビールが落ちません

    (もちろん中身は出ます…)

      

商品写真(500ml)

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー(500ml専用)』の商品写真です。

販売時の状態(パッケージ入り)

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
開封する前の状態

開封した状態

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
開封した状態

上から見た状態

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
ゴムのフタがある

フタをはずした状態

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
フタはクルクル回してはずす

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める

手に持った感じ

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
手に持った感じ
ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
持ちやすい

真空保冷缶ホルダーの使い方(500ml)

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
使い方

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー(500ml)』の使い方(装着方法)はとっても簡単です。

\写真でイメージ/

  1. STEP

    500mlの缶ビールを用意する

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
    500mlの一番搾り

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー・500ml専用は500mlの缶ビールやチューハイに対応しています。

      

  2. STEP

    真空保冷缶ホルダーのフタをはずす

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
    保冷缶ホルダーのフタをはずす

    ワークマンの真空保冷缶ホルダーのフタをはずします

    フタをクルクルとまわすと簡単にはずれます。

       

  3. STEP

    500mlの缶ビールを中に入れる

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
    缶ビールを保冷缶ホルダーに入れる

    500mlの缶ビールを真空保冷缶ホルダーの中に入れます

    すっぽりと入ります。

      

  4. STEP

    真空保冷缶ホルダーのフタを閉める

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
    フタを閉めて完成

    最後に真空保冷缶ホルダーのフタを閉めます

    これでOKです。

      

  5. STEP

    ビール美味しい

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
    一番搾り美味しい

    キンキンに冷えているビールは最高に美味しいです。

      

  6. STEP

    斜めにしても缶は落ちない(中身は出ます…)

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める

    保冷缶ホルダーのフタをしっかり閉めておけば、斜めにしても缶ビールが落ちません

    (もちろん中身は出ます…)

      

  7. STEP

    垂直にしても缶は落ちない(中身は出ます…)

    ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める

    保冷缶ホルダーのフタをしっかり閉めておけば、垂直にしても缶ビールが落ちません

    (もちろん中身は出ます…)

       

『350ml用』と『500ml』の大きさを比較

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
左:350ml用、右500ml用

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー』の350ml用と500ml用の大きさを並べて比較します。

ブラック:350ml、シルバー:500ml

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
左:350ml用、右500ml用
ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
左:350ml用、右500ml用
ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
左:350ml用、右500ml用

ビールを飲まれる方はビールの缶をイメージするとわかりやすいと思います。

僕はビールが大好きなので、350ml用と500ml用の両方を買いました。

これでキャンプでも冷たいビールをずっと飲めます

📝保冷効果を検証

ワークマンの真空保冷缶ホルダーの『保冷効果』を検証してみました。

検証条件
  • 冷蔵庫で冷やした350mlのスーパードライ・500mlの一番搾り
  • 3月上旬の暖房が効いた室内で使用
  • 30分・1時間ごとに少しずつ飲んでみる

※検証結果は僕の体感です(温度計や機械を何も使っていません)。

※今度、夏の屋外のキャンプで使った状況をこちらの記事に追記します。

   

\検証結果/

検証時間冷たさ(体感)
19:18
(検証スタート)
めっちゃ冷たい
(冷えたビールが美味しい)
19:45
(約30分後)
とっても冷たい
(半分くらい飲んでしまいました…)
20:13
(約1時間後)
冷たくて美味しい
(全部飲んでしまいました…)

   

1時間後に飲んだときもしっかり冷たかったです(びっくり)。

ビールがぬるく感じたことはありませんでした

保冷効果はバッチリです。

350ml専用のパッケージ記載の『保温効果』

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
保温試験グラフ(パッケージ記載)

上の写真はワークマンの『真空保冷缶ホルダー(350ml)』の箱に記載されているものです。

細かい数字がわからないので、ざっくりまとめると次のとおりです(温度の数字はおおよそ)。

保冷試験使用未使用
開始60℃60℃
1時間後45℃27℃
2時間後32℃12℃
3時間後27℃9℃
4時間後20℃8℃
5時間後18℃7℃
6時間後13℃6℃

350ml専用のパッケージ記載の『保冷効果』

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
保冷試験グラフ(パッケージ記載)

上の写真はワークマンの『真空保冷缶ホルダー(350ml)』の箱に記載されているものです。

細かい数字がわからないので、ざっくりまとめると次のとおりです(温度の数字はおおよそ)。

保冷試験使用未使用
開始4℃4℃
1時間後10℃21℃
2時間後14℃28℃
3時間後18℃30℃
4時間後20℃30℃
5時間後23℃30℃
6時間後25℃30℃

500ml専用のパッケージ記載の『保温効果』

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
保温試験グラフ(パッケージ記載)

上の写真はワークマンの『真空保冷缶ホルダー(500ml)』の箱に記載されているものです。

細かい数字がわからないので、ざっくりまとめると次のとおりです(温度の数字はおおよそ)。

保冷試験使用未使用
開始60℃60℃
1時間後49℃29℃
2時間後39℃15℃
3時間後32℃10℃
4時間後27℃9℃
5時間後22℃8℃
6時間後19℃6℃

500ml専用のパッケージ記載の『保冷効果』

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
保冷試験グラフ(パッケージ記載)

上の写真はワークマンの『真空保冷缶ホルダー(500ml)』の箱に記載されているものです。

細かい数字がわからないので、ざっくりまとめると次のとおりです(温度の数字はおおよそ)。

保冷試験使用未使用
開始4℃4℃
1時間後8℃20℃
2時間後12℃27℃
3時間後14℃30℃
4時間後16℃30℃
5時間後18℃30℃
6時間後20℃30℃

❌デメリット

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー』のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • ちょっと重たい(ビールが空になっていてもわかりにくい)
  • すぐ売り切れる(ネットで高額転売される…)
  • ビールが美味しくてつい飲みすぎてしまう…

⭕️メリット

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー』のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 保冷効果バッチリ(1時間は余裕で冷たい)
  • 持ちやすい(手が冷たくならない)
  • フタを閉めると缶が落ちない(斜め下に向けても大丈夫)

大きさ・重さ・材質などの仕様

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
左:350ml用、右500ml用
  • 真空保冷缶ホルダー(350ml専用
  • 真空保冷缶ホルダー(500ml専用

の大きさ・重さ・材質などの仕様は次のとおりです。

真空保冷缶ホルダー(350ml専用)

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
350mlはコンパクトサイズ
ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
350mlは173g

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー(350ml)』の大きさ・重さ・材質などの仕様は次のとおりです。

真空保冷ペットボトルホルダー
(350ml)
価格780円
大きさ高さ11×幅7×奥行7cm
重さ173g
材質本体部分:ステンレス鋼
フタ部分:ポリプロピレンゴム

注意書き

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
注意書き(パッケージ記載)

真空保冷缶ホルダー(500ml専用)

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
500mlはロングサイズ
ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
500mlは235g

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー(350ml)』の大きさ・重さ・材質などの仕様は次のとおりです。

真空保冷ペットボトルホルダー
(500ml)
価格780円
大きさ高さ16×幅7×奥行7cm
重さ235g
材質本体部分:ステンレス鋼
フタ部分:ポリプロピレンゴム

注意書き

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
注意書き(パッケージ記載)

ワークマンのキャンプ服・グッズについてよくある質問

Q

ワークマンで買える『キャンプウェア・服装・グッズ』のおすすめアイテムはなんですか?

Q

『100円ショップ』や『ホームセンター』にはお買い得なキャンプ用品はありますか?

A

はい、たくさんあります。
ショップごとのおすすめキャンプ用品を次の記事でまとめてご紹介しています。
ダイソーで買えるキャンプ用品
セリアで買えるキャンプ用品
ニトリで買えるキャンプ用品
ワークマンで買えるキャンプ用品
無印良品で買えるキャンプ用品

大人気のアイテムは売り切れる前にゲットしよう

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー』はコスパ抜群です。

  • ずっと冷たく飲める(1時間は余裕で冷たい)
  • 結露対策にも使える(ビチャビチャにならない)
  • コースターが不要で使いやすい(水滴で濡れない)

   

ワークマンの真空保冷缶ホルダーは大人気ですぐ売り切れてしまうので、お店で見かけたら早めに購入してください。

趣味のキャンプやアウトドアはもちろん、自宅でも便利に使えます。

有名メーカー品を買うよりもかなり安いのでおすすめです。

   

\ワークマンの人気アイテム/

    

まとめ 2020年買ってよかったキャンプ用品

キャンプギアをブランドで探す

スノーピーク SOTO キャプテンスタッグ ユニフレーム トランギア ロゴス ハイランダー WAQ VENTLAX FUTURE FOX Tokyo Camp YOGOTO

ダイソー セリア ニトリ ワークマン 無印良品

関連記事