ホットサンドメーカー絶品おつまみ

【2021】キャンプやアウトドアで役立つ便利グッズまとめ|お手頃価格で使いやすい

  

キャンプやアウトドアで役立つ便利グッズをまとめてご紹介します。

   

\写真でイメージ/

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
真空保冷缶ホルダー
お知らせ
  • 今後、実際に購入して使ったアイテムを追加していく予定です。
  • ご紹介しているアイテムは記事作成時点のものです。
  • 商品によっては仕様変更があったり、生産終了になっていたりする可能性があります。

📝この記事を書いた人

毎週キャンプに行っているソロキャンパーです!ギア選びコスパ優先。趣味は『ゆるキャン△聖地巡礼』。

\パソコンで行った気分が味わえる/

\スマホで行った気分が味わえる/

現地に行く前の事前チェックにも使えます

真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める

キャンプやアウトドアで役立つ便利グッズ①

ワークマン(AEGIS)の『真空保冷缶ホルダー』は夏キャンプの必需品です。

  • 缶ビール
  • 缶ジュース

冷たいまま美味しくゴクゴク飲めます

   

ワークマンの保冷缶ホルダーは、趣味のキャンプやアウトドアで大活躍しますが、もちろん自宅でも便利に使えます

結露(水滴)でビチャビチャに濡れることもありませんし、コースターを置く必要もありません。

   

有名メーカー品の『保冷缶ホルダー』と比べると圧倒的に安いところもポイントです。

ワークマンならお手頃価格の「780円」。

ワークマンの真空保冷缶ホルダーを使った感想

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
桜を見ながら飲むビールは最高

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー』を使った感想は次のとおりです。

  • ずっと冷たく飲める(1時間は余裕で冷たい)
  • 結露対策にも使える(ビチャビチャにならない)
  • コースターが不要で使いやすい(水滴で濡れない)

商品写真

ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
開封する前の状態
ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
350mlのスーパードライ
ワークマンの真空保冷缶ホルダー(350ml・500ml)は夏キャンプで缶ビールや缶ジュースがずっと冷たく飲める
500mlの一番搾り

⭕️メリット

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー』のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 保冷効果バッチリ(1時間は余裕で冷たい)
  • 持ちやすい(手が冷たくならない)
  • フタを閉めると缶が落ちない(斜め下に向けても大丈夫)

❌デメリット

ワークマンの『真空保冷缶ホルダー』のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • ちょっと重たい(ビールが空になっていてもわかりにくい)
  • すぐ売り切れる(ネットで高額転売される…)
  • ビールが美味しくてつい飲みすぎてしまう…

       

続き ワークマンの真空保冷缶ホルダーの記事を読む

真空保冷ペットボトルホルダー

ワークマンの2021年新作・真空保冷ペットボトルホルダー(カメさんデザイン)
開封する前の状態

キャンプやアウトドアで役立つ便利グッズ②

2021年3月3日にワークマンに行ったら新作の『真空保冷ペットボトルホルダー』があったので、迷うことなく秒速で買いました。

昨年(2020年)は大人気ですぐ売り切れてしまい、ネットで高額転売されていたアイテムです。

2021年新作モデルは3月くらいからお店に置いてあるので、見かけた方は早めに購入してください。

真空保冷ペットボトルホルダーを使った感想

ワークマンの『真空保冷ペットボトルホルダー』を使った感想は次のとおりです。

  • ずっと冷たく飲める(2時間は余裕で冷たい)
  • 結露対策にも使える(ビチャビチャにならない)
  • コースターが不要で使いやすい(濡れない)

商品写真

ワークマンの2021年新作・真空保冷ペットボトルホルダー(カメさんデザイン)
ハンドル(持ち手)つき

フタ

ワークマンの2021年新作・真空保冷ペットボトルホルダー(カメさんデザイン)
フタ

フタをはずした状態

ワークマンの2021年新作・真空保冷ペットボトルホルダー(カメさんデザイン)
真空保冷ペットボトルホルダーの中

可愛らしいデザイン(カメさん柄🐢)

ワークマンの2021年新作・真空保冷ペットボトルホルダー(カメさんデザイン)
カメさんがいっぱい

可愛らしいデザインです。

カメさん🐢がたくさん描かれています。

海の中をイメージした淡いブルーで色もキレイです。

ワークマンの2021年新作・真空保冷ペットボトルホルダー(カメさんデザイン)

手に持った感じ

ワークマンの2021年新作・真空保冷ペットボトルホルダー(カメさんデザイン)
手に持った感じ

500mlのコカ・コーラを入れてみた

ワークマンの2021年新作・真空保冷ペットボトルホルダー(カメさんデザイン)
500mlのコカ・コーラ

すっぽり入る

ワークマンの2021年新作・真空保冷ペットボトルホルダー(カメさんデザイン)
すっぽり入る

⭕️メリット

ワークマンの『真空保冷ペットボトルホルダー』のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 保冷効果バッチリ(2時間は余裕で冷たい)
  • 見た目がオシャレ(新色のカメさんが可愛い)
  • お手頃価格で使いやすい(980円)

❌デメリット

ワークマンの『真空保冷ペットボトルホルダー』のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • ハンドルが使いにくい(フタを回すときにジャマになる…)
  • 細いペットボトルは中で少し動く(カタカタする…)
  • すぐ売り切れる(ネットで高額転売される…)

   

続き ワークマンの真空保冷ペットボトルホルダーの記事を読む

包丁ケース

キャプテンスタッグの包丁ケースは包丁を安全に持ち運べる(キャンプやアウトドアにおすすめ)
包丁ケースと包丁

キャンプやアウトドアで役立つ便利グッズ③

キャプテンスタッグの『包丁ケース』はキャンプやアウトドアにおすすめです。

いつも自宅で使っている包丁をキャンプ場で使えるので、とっても料理がしやすい(スピーディーに準備ができます)。

   

包丁をケースに収納しておけば、小さなお子さんがさわっても安全です。

シンプルなデザインで使いやすい包丁ケース。

    

\ロックは簡単/

キャプテンスタッグの包丁ケースがあれば包丁を新聞紙などで包む必要がないので、キャンプやアウトドアに行く前の『準備』と『後片付け』が楽チンになります

キャプテンスタッグの『包丁ケース』を使った感想

キャプテンスタッグの包丁ケースは包丁を安全に持ち運べる(キャンプやアウトドアにおすすめ)
包丁をピッタリ収納

\動画でイメージ/

安心・安全(振っても包丁が出ない)

キャプテンスタッグの『包丁ケース』(安全包丁サヤ)を使った感想は次のとおりです。

  • キャンプの準備と片付けが楽チンになる(包丁を新聞紙で包む必要がない)
  • ケースに入れておけば安全(子どもがさわっても大丈夫)
  • 自宅のキッチンでも使えて便利(フック穴を使って壁にかけられる)

⭕️メリット

キャプテンスタッグの『包丁ケース』(安全包丁サヤ)のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 包丁を安全に持ち運べる(子どもがさわっても大丈夫)
  • 通気性が良いので包丁が乾く(サビにくい)
  • フック穴があるのでキッチンの壁にかけて使える(キャンプでも自宅でも使える)

❌デメリット

キャプテンスタッグの『包丁ケース』(安全包丁サヤ)のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 『長い包丁』や『厚みがある包丁』には使えない
  • ロックベルトの耐久性はやや不安がある(材質がプラスチックなので)
  • 小さめの包丁だと中でカタカタと動く

  

続き キャプテンスタッグの包丁ケースの記事を読む

ドライバッグ

ダイソーのドライバッグ(15L)は防水機能がしっかりでキャンプにおすすめ(お手頃価格でコスパ抜群)
ダイソーのドライバッグ(15L)
ダイソーのドライバッグ(15L)は防水機能がしっかりでキャンプにおすすめ(お手頃価格でコスパ抜群)
付属品はストラップ
ダイソーのドライバッグ(15L)は防水機能がしっかりでキャンプにおすすめ(お手頃価格でコスパ抜群)
左右のバックルをとめて完成

キャンプやアウトドアで役立つ便利グッズ④

ダイソーのドライバッグ(レジャー用防水バッグ)はお手頃価格で防水機能もしっかりしています。

シンプルなデザインで見た目もオシャレです。

  

\サイズは2種類/

サイズ価格
3L220円
15L550円

  

ドライバッグの基本的な使い方は、

  • 濡れたら困るものを入れる
  • 濡れたものを入れる

の2つです(もちろん自分が入れたいものを入れればOK)。

   

ドライバッグはキャンプやアウトドアで大活躍します。

  1. 小さめの3Lサイズには着替えを入れたり
  2. 大きめの15Lサイズには濡れたタープやテントを入れたり

して使えます。

※15Lサイズなので大きなテントやタープを入れるのは難しいです。

   

\防水テスト①/

  

\防水テスト②/

⭕️メリット

ダイソーのドライバッグ(レジャー用防水バッグ)のメリットは次のとおりです。

メリット
  • しっかり防水してくれる
  • シンプルなデザインで使いやすい
  • お手頃価格で買える(3Lが220円、15Lが550円)

❌デメリット

ダイソーのドライバッグ(レジャー用防水バッグ)のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • ストラップがものすごく硬い(脱着するのに大変…)
  • サイズ展開が少ない(3Lと15Lの2種類のみ)

      

続き ダイソーのドライバッグの記事を読む

ワーク&アウトドアグローブ

キャンプやアウトドアで役立つ便利グッズ⑤

ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』は素材が「天然ゴム」と「ポリエステル」なので、

  • 焚き火のときに使ったり(NG)
  • 熱いものを持ったり(NG)

はできませんが、デザインがものすごく気に入りました(とっても可愛い)。

   

お手頃価格の『99円』で買えるのもポイントです。

通気性が良くて滑りにくいので、キャンプでテントやタープの設営をするときや荷物を持ち運ぶときに便利です。

ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』を使った感想

ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』を使った感想は次のとおりです。

  • 安い
  • 見た目が可愛い
  • よく伸びてフィット感が良い

商品写真

ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』(99円)はよく伸びてフィット感が良い
グリーン:蛙のプリント
ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』(99円)はよく伸びてフィット感が良い
フィット感が良い
ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』(99円)はよく伸びてフィット感が良い
ブラウン:切り株のプリント
ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』(99円)はよく伸びてフィット感が良い
フィット感が良い

❌デメリット

ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』のデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • 熱に弱い
  • 水や液体が染みる
  • 刃物や尖ったものに弱い

⭕️メリット

ワークマンの『ワーク&アウトドアグローブ』のメリットは次のとおりです。

メリット
  • 通気性が良い(メッシュ加工)
  • フィット感が良い(よく伸びる)
  • ゴム素材で滑りにくい(グリップする)

    

続き ワークマンのワーク&アウトドアグローブの記事を読む

ミリタリーボトル(水筒・530ml)

セリアのミリタリーボトル(530ml)はキャンプで使いやすい
セリアのミリタリーボトル
セリアのミリタリーボトル(530ml)はキャンプで使いやすい
フタが輪っかでくっついてる
セリアのミリタリーボトル(530ml)はキャンプで使いやすい
見た目もオシャレ
セリアのミリタリーボトル(530ml)はキャンプで使いやすい
530ml入り

キャンプやアウトドアで役立つ便利グッズ⑥

セリアのミリタリーボトルは使いやすいです。

  • 530mlまで入る
  • 見た目もオシャレ
  • フタがカチッとしまる

    

容量530ml
サイズ約 幅100×厚み60×高さ164mm
素材耐熱温度耐冷温度
本体ポリエチレンテレフタレート樹脂70度-20度
フタポリエチレン70度-20度

  

セリアのミリタリーボトルは手に持ちやすいです。

フタをゆるめても外れないので、落としてしまうこともありません。

シンプルなデザインで、テーブルの上に置いてもカッコいいです。

ウォーターボトル・ジャータイプ(800ml)

セリアのウォーターボトル・ジャータイプ(800ml)
セリアのウォーターボトル(800ml)
セリアのウォーターボトル・ジャータイプ(800ml)
手に持ちやすい
セリアのウォーターボトル・ジャータイプ(800ml)
ロゴが可愛い
セリアのウォーターボトル・ジャータイプ(800ml)
フタをとった状態

キャンプやアウトドアで役立つ便利グッズ⑦

セリアで売っていた『ウォーターボトル・ジャータイプ』です。

結構たっぷり入ります(800ml)

  

ウォーターボトルをアルミテーブルの上に置いておけば便利です。

  • のどが渇いて水を飲むときも
  • お湯を沸かしてコーヒーを飲むときも
  • ラーメンをつくるときも

パッと使えます(800mlサイズで大きい)。

  

ボトルに刻印されている「CAMP」と「Drink」のロゴが可愛らしいです。

透明なブルーで見た目もオシャレ

  

ウォーターボトル
容量800ml
サイズ約9.2cm(直径)×15cm(高さ)
素材
本体PET樹脂
フタポリプロピレン・シリコーン
持ち手ポリプロピレン
ウォーターボトル
耐熱温度60度
耐冷温度-20度

キッチンペーパー&ティッシュカバー

【100均】ダイソーのキッチンペーパー&ティッシュカバーはキャンプで大活躍
【100均】ダイソーのキッチンペーパー&ティッシュカバーはキャンプで大活躍

キャンプやアウトドアで役立つ便利グッズ⑧

キッチンペーパーがあるとキャンプやアウトドアで便利です。

  • テーブルをふいたり
  • 料理に使ったり
  • 使ったお皿をふりたり
  • 洗ったクッカーをふいたり

と大活躍してくれます。

  

キッチンペーパーをそのまま置いておくのもイマイチなので、ティッシュカバーに入れて使うとオシャレな感じで使えるんです。

ティッシュカバーの『ハンドル』や『ループ』をフックに引っかけて使えるので一石二鳥。

  

ダイソーの『キッチンペーパー』と『ティッシュカバー』は110円で買えるのでお財布にも優しいです。

オシャレなヒッコリー柄の『ティッシュカバー』に一目惚れをして買ってしまいました(とっても可愛らしいです)。

ボタンをとめればキッチンペーパーが外に出ない

【100均】ダイソーのキッチンペーパー&ティッシュカバーはキャンプで大活躍

地味に便利なボタンです。

便利なループつき(フックにひっかけることができる)

【100均】ダイソーのキッチンペーパー&ティッシュカバーはキャンプで大活躍

ティッシュカバーの横側に『ループ』があるので、キャンプ場でフックにひっかけて使うこともできます。

ティッシュカバーを逆さまに吊るしてもボタンがあるので、中に入れたキッチンペーパーは外に飛び出ません。

持ち手(フックにひっかけることができる)

【100均】ダイソーのキッチンペーパー&ティッシュカバーはキャンプで大活躍

大きな持ち手があるので持ち運びやすいです。

このままフックに引っかけて使うこともできます。

     

続き ダイソーのキッチンペーパー&ティッシュカバーの記事を読む

折りたたみコンテナ(大小)

100均ダイソーの折りたたみコンテナ(大500円・小200円)はキャンプ道具の収納に使える
開封する前
100均ダイソーの折りたたみコンテナ(大500円・小200円)はキャンプ道具の収納に使える
左200円・右500円

キャンプやアウトドアで役立つ便利グッズ⑨

ダイソーの『折りたたみコンテナ』はキャンプやアウトドアで大活躍します。

  • 組み立てが簡単
  • 持ち運びやすい
  • コンテナを上に重ねられる

   

\大小2種類のコンテナ/

100均ダイソーの折りたたみコンテナ(大500円・小200円)はキャンプ道具の収納に使える

今回は次の2種類の『折りたたみコンテナ』を購入しました。

サイズ価格

(47×35×23cm)
500円
(税込み550円)

(30×19.8×15.5cm)
200円
(税込み220円)

   

\組み立て簡単/

(200円・小)

   

\片付けも簡単/

(200円・小)

   

ダイソーの折りたたみコンテナがあれば、

  • 大きなコンテナに荷物を入れて車に積んだり
  • 小さなコンテナには食器を入れて洗い場まで運んだり

できるの便利です。

プラスチック製なので汚れたら水で丸洗いできるところもポイント(掃除が楽チン)。

使用例(大・500円)

ダイソーの折りたたみコンテナ(大・500円)の使用例です。

100均ダイソーの折りたたみコンテナ(大500円・小200円)はキャンプ道具の収納に使える
100均ダイソーの折りたたみコンテナ(大500円・小200円)はキャンプ道具の収納に使える

大きいコンテナには結構たくさん入ります(上の写真はちょっと入れすぎていますが…)。

このサイズで500円ならお買い得です。

   

同じサイズのコンテナなら積み重ねて使えるので(上にハミ出ない範囲で)、2段にすればもっとたくさんのキャンプ道具を収納できます。

車に積むときも楽チンです。

使用例(小・200円)

ダイソーの折りたたみコンテナ(小・200円)の使用例です。

100均ダイソーの折りたたみコンテナ(大500円・小200円)はキャンプ道具の収納に使える
100均ダイソーの折りたたみコンテナ(大500円・小200円)はキャンプ道具の収納に使える

小さいコンテナは、使った食器やクッカーをまとめて入れてキャンプ場の洗い場まで持っていくときに便利です。

テントから炊事場まで移動するときも楽チン

   

プラスチック製なので汚れても丸洗いできます

イマイチなところは、ハンドルがないのでちょっと持ち運びにくいです…(両手で持たないとダメ)。

⭕️メリット

ダイソーの折りたたみコンテナのメリットは次のとおりです。

メリット
  • 組み立てが簡単(広げるだけでOK
  • 積み重ねて使える(2段重ねでたっぷり収納
  • 薄くてコンパクト(使わないときは省スペース

❌デメリット

ダイソーの折りたたみコンテナのデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • つくりがチープ…(頑丈ではない
  • ハンドルがない…(両手で持たないとダメ
  • 安定性はイマイチ…(衝撃によわい

     

続き ダイソーの折りたたみコンテナの記事を読む

お手頃価格で使いやすい便利グッズを使いこなす

高額な有名メーカー品を買わなくても、キャンプやアウトドアを楽しむことは可能です。

お手頃価格で使いやすい便利グッズがたくさんあります。

  

100円ショップやホームセンターで買えばお財布にも優しいです。

キャンプやアウトドアで楽しい休日をすごせばリラックスできます。

  

厳選 買ってよかったキャンプ用品

キャンプギアをブランドで探す

VENTLAX テンマクデザイン キャプテンスタッグ ユニフレーム 村の鍛冶屋 スノーピーク SOTO トランギア ロゴス ハイランダー FIELDOOR Tokyo Camp WAQ FUTURE FOX YOLER YOGOTO

ダイソー セリア ニトリ ワークマン 無印良品 カインズ

関連記事