ゆるキャン△聖地のキャンプ場まとめ

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

    

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXのレイアウトをご紹介します。

Soomloomの大型TCタープ(5.7×5.0m)と組み合わせて使用。

春夏キャンプ向けの日差し対策・雨対策がバッチリ

  

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適
メリット
  • 設営が簡単(前室も広くて使いやすい)
  • ソロで使いやすいサイズ(コットを入れても余裕あり)
  • インナーが前後メッシュで涼しい(天井のベンチレーションも便利)
デメリット
  • ポールがグラスファイバーで耐久性はイマイチ…(アルミポールにしてほしい)
  • 付属品のペグとガイロープがチープ…(使い物にならない)
  • ちょっとデザイン的が古い感じがするかも…(大人気のロングベストセラーモデル)

コールマンのツーリングドームLXを使った感想

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXを使った感想は次のとおりです(購入日は2023年3月)。

  • シンプルな構造で使いやすい(初心者にもおすすめ)
  • 前室のアレンジが便利(キャノピーを立てるには別途ポールが2本必要)
  • お手頃価格で買える(相場は2万円以下)※色によって価格が違う

※Amazon限定色アッシュの購入時価格は13,047円
※人気色オリーブは18,000円前後。

   

大型TCタープ(5.7×5.0m)の良いところ

SoomloomのTCタープ(Adranus5.7×5.0m)
5.7×5.0mの特大TCタープ

大型TCタープ(5.7×5.0m)と組み合わせて使うことのメリットは次のとおりです。

  • そのまま下にテントが入る(小川張りしなくてOK)
  • 日陰がしっかりできて涼しい(夏キャンプの日差し対策)
  • 雨でも焚き火が楽しめる(TC生地は火の粉に強い)

焚き火をするときはタープの高さに注意

   

   

参考 SoomloomのTCタープ(Adranus5.7×5.0m)のレビュー記事を読む

ツーリングドームLXと大型TCタープのレイアウト

ツーリングドームLXと大型TCタープ(5.7×5.0m)と組み合わせたレイアウトををご紹介します。

大型TCタープ(5.7×5.0m)は広々快適

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

コールマンのツーリングドームLXを大型TCタープ(5.7×5.0m)の下に入れてみました。

テント前のスペースが広く使える

日陰がしっかりできて涼しい

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

Soomloomの大型TCタープは独特のウイング形状でかっこいいです。

日陰がしっかりできてめっちゃ涼しい

真横から見た状態

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

タープとテントを横から見た状態です。

小川張りしなくても広々快適

正面から見た状態

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

タープとテントを正面から見た状態です。

大きなテーブルを置いても余裕たっぷり

後ろから見た状態

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

タープとテントを後ろから見た状態です。

ツーリングドームLXの後ろ側が少しだけハミ出ています。

   

比較|ツーリングドームSTとLXの違いは?

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適
ツーリングドームLX

ツーリングドームSTとLXの違いは次のとおりです。

STLX
インナーのサイズ210×120×110cm210×180×110cm
収納サイズφ19 x 49cmφ21 x 49cm
重さ4Kg5.2Kg

【ポイント】インナーテントの奥行が違う

ツーリングドームSTとLXの違いを簡単に言うとインナーテントの奥行きが違います。

  • ST:奥行きが120cmでやや狭い
  • LX:奥行きが180cmで広々快適

横幅はSTもLXも同じ210cm

ツーリングドームLXにコットは入る?

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適
買ってよかったドームテントは?実際に使ってみて不満・後悔がないポイントをご紹介
頭側
買ってよかったドームテントは?実際に使ってみて不満・後悔がないポイントをご紹介
足側

ツーリングドームLXにローコットがぎりぎり入りました

コットのサイズ「長さ190×幅67×高さ17cm

   

Amazon限定色アッシュについて

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

Amazon限定色アッシュのツーリングドームLXを購入しました。

珍しい色でキャンプ場でよく目立つ

限定色アッシュの良いところ

良いところ
  • 人とかぶりにくい(使っている人が少ない)
  • 白っぽいグレーがオシャレ(明るい雰囲気)
  • 人気色のオリーブより安い(購入時の価格は13,047円)

限定色アッシュのイマイチなところ

イマイチなところ
  • 汚れが目立ちやすい…(雨天時の泥汚れは注意)
  • 好き嫌いが分かれる配色…(オリーブが無難で使いやすい)
  • テント内が透けて見えやすい…(白っぽいグレーは透けやすい)

設営・組み立て方法

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXの設営・組み立て方法は次のとおりです。

  1. インナーテントを広げる
  2. メインポールを差し込んで本体を立ち上げる
  3. フロントポールをセットする
  4. リアポールをセットする
  5. フライシートをかぶせる
  6. 完成

設営・組み立ての流れを写真でイメージ

  1. STEP

    インナーテントを広げる

    【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

    最初にインナーテントを広げます。

      

  2. STEP

    メインポールを差し込んで本体を立ち上げる

    【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適
    【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適
    【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

    メインポールを差し込んで本体を立ち上げます。

    インナーテントについているフックをポールに引っ掛けて固定してください。

      

  3. STEP

    フロントポールをセットする

    【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適
    【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

    フロントポールをセットします。

      

  4. STEP

    リアポールをセットする

    【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適
    【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

    リアポールをセットします。

      

  5. STEP

    フライシートをかぶせる

    【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適
    【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

    フライシートをかぶせせてペグダウンすれば完成です。

    設営はとっても簡単

       

  6. STEP

    (参考)フロントの両サイドを内側に折りたたんだ状態

    【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適
    【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

    フロントの両サイドを内側に折りたたんだ状態です。

    TCタープの下に入れるときはこのスタイルがスッキリして動きやすいです。

      

商品写真

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXの商品写真です。

ダンボール梱包状態

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXの梱包状態です。

箱から出した状態

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

箱から出した状態のコールマン(Coleman)のツーリングドームLXです。

収納袋から出した状態

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

収納袋から出した状態です。

説明書

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXの説明書です。

フライ・インナー・ポール・付属品

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

丸められていたヒモをはずした状態です。

  • フライ
  • インナー
  • ポール
  • 付属品のペグ・ガイロープ

付属品のペグとガイロープ

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXの付属品のペグとガイロープです。

つくりがチープで使えない…。

ペグを拡大

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXの付属品のペグを拡大してみました。

ペグの先端が平ら…。

ガイロープを拡大

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXの付属品のガイロープを拡大してみました。

おもちゃっぽい感じでイマイチ…。

ポール

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXのポールです。

ポールを拡大

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適
【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

ポールの材質はグラスファイバーです。

   

デメリット

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXのデメリットは次のとおりです。

デメリット
  • ポールがグラスファイバーで耐久性はイマイチ…(アルミポールにしてほしい)
  • 付属品のペグとガイロープがチープ…(使い物にならない)
  • ちょっとデザイン的が古い感じがするかも…(大人気のロングベストセラーモデル)

\コスパ優秀なスグレモノ/

メリット

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適
天井のベンチレーション

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXのメリットは次のとおりです。

メリット
  • 設営が簡単(前室も広くて使いやすい)
  • ソロで使いやすいサイズ(コットを入れても余裕あり)
  • インナーが前後メッシュで涼しい(天井のベンチレーションも便利)

お店ごとに探せて便利

サイズ・重さ・材質などの仕様

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXのサイズ・重さ・材質などの仕様は次のとおりです。

ツーリングドームLX
使用サイズ
(インナー)
約210×180×110cm
収納サイズ約φ21 x 49cm
重さ約5.2Kg
材質フライシート:ポリエステル約1,500mm
インナーテント:ポリエステル
フロア:ポリエステル約1,500mm
フレーム:FRP

キャンプ飯についてよくある質問

Q

簡単につくれて美味しいキャンプ飯はありますか?

A

はい、たくさんあります。
『見た目』も『味』も楽しめる料理を食べてキャンプを楽しむのが最高のリラックスタイムです。
次の記事で季節ごとの簡単で美味しい料理をご紹介しています。
春キャンプにおすすめの料理
夏キャンプにおすすめの料理
秋キャンプにおすすめの料理
冬キャンプにおすすめの料理

Q

『100円ショップ』や『ホームセンター』に料理に使えるキャンプ用品はありますか?

A

はい、たくさんあります。
本格的なキャンプメーカーから販売されている道具を買わなくてもキャンプを楽しむことは可能です。
最近はお手頃価格で買える便利なアイテムが充実しているのでお見逃しなく。
ショップごとのおすすめキャンプ用品を次の記事でまとめてご紹介しています。
ダイソーで買えるキャンプ用品
セリアで買えるキャンプ用品
ニトリで買えるキャンプ用品
ワークマンで買えるキャンプ用品
無印良品で買えるキャンプ用品
カインズで買えるキャンプ用品

大型TCタープを使ったレイアウトは涼しくて快適

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適
【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適
【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

コールマン(Coleman)のツーリングドームLXはコスパ優秀なテントです。

  • シンプルな構造で使いやすい(初心者にもおすすめ)
  • 前室のアレンジが便利(キャノピーを立てるには別途ポールが2本必要)
  • お手頃価格で買える(相場は2万円以下)※色によって価格が違う

※Amazon限定色アッシュの購入時価格は13,047円
※人気色オリーブは18,000円前後。

   

LXは中にコットが入る

【タープは?】ツーリングドームLXのレイアウト|小川張りじゃなくても広々快適

ツーリングドームSTにしようか悩みましたが、中にコットを入れて使うので大きめの『LX』を選択。

(STはせまくてコットが入らないと思ったので)

大は小を兼ねる
(荷物も入れやすい)

   

Soomloomの大型TCタープ(5.7×5.0m)がおすすめ

SoomloomのTCタープ(Adranus5.7×5.0m
5.7×5.0mの特大TCタープ

大型TCタープ(5.7×5.0m)と組み合わせて使うことのメリットは次のとおりです。

  • そのまま下にテントが入る(小川張りしなくてOK)
  • 日陰がしっかりできて涼しい(夏キャンプの日差し対策)
  • 雨でも焚き火が楽しめる(TC生地は火の粉に強い)

焚き火をするときはタープの高さに注意

   

   

参考 SoomloomのTCタープ(Adranus5.7×5.0m)のレビュー記事を読む

厳選 買ってよかったキャンプ用品

後悔 買って失敗したキャンプ道具まとめ

関連記事